繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  旬の旅はプロに聞け! > 第3回 オレゴン州政府駐日代表部 > 第3回 オレゴン州政府駐日代表部 Part2
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


第3回 オレゴン州政府駐日代表部 Part2

オレゴン州&ポートランド 冬の魅力

■マウント・フッドの懐で遊ぶ

これから冬のシーズンは、スノースポーツです。ポートランドから車で1時間半で行けるマウント・フッドは、世界中のスキーヤーの憧れの場所なんですよ。マウント・フッドの斜面を囲むように「スキーボール」「メドゥズ」「クーパー・スプール」「ティンバーライン」という4つのスキー場があります。

なかでもティンバーラインは初心者から上級者まで楽しめます。森林限界線をさらに超えて2600mまで一気に上るリフトからの眺めは絶景のひとこと。日本とはケタ違いのスケールでスキーが楽しめるはずです。スキーのあとは、1937年創業のティンバーラインロッジへ行くことをお勧めします。これはルーズベルト大統領が恐慌のときに作ったことで有名なロッジで、映画のシャイニングの撮影にも使われたものなんです。

スキー場
スノースポーツ

■ポートランドを拠点にするといい

マウント・フッドはそこ自体がリゾートではないんですね。スキー場やロッジ以外には何にもないので、スキーの好きな方には非常にいいんですが……。ですから、ポートランドを拠点にしてここを訪れるのがコツだと思います。そうすると夜にはシティライフを楽しむことができます。

洗練された都会の夜を楽しもう

洗練された都会の夜を楽しもう


冬になるとパフォーミングアーツのような会場で、バレーとかオーケストラといったイベントが始まります。各種コンサートはもちろん、バスケットやアイスホッケーなどのスポーツも盛んで、冬のポートランドはイベントが充実しています。
「ファースト・サーズデイ・ギャラリー・ウオーク」と言って、ポートランドでは毎月第1週目の木曜日は、美術館やギャラリーが夜間も(18:00〜21:00)開場します。そのときは通常の展示のほかにアーティストとコミュニケーションができたり、アートが好きな方たちがギャラリーに集まって芸術について語り合ったりします。そういうところを回って地元の人たちと交流ができるんです。
またフォレストパークなら雪は積もりませんので、アクティブに遊んだあとはのんびりハイキングも楽しめます。
■DATA■ 冬のアクティビティ

現地ならではの言葉・表現
キュルナリー・ツーリズム Culinary Tourism

キュルナリーCulinaryとは、「料理の」というような意味です。つまり、現地の農産物を通していわゆるサイトシーイングじゃない、新しい観光の魅力を開発し旅行者に提供していこうという考えなんですね。「キュルナリー・ツーリズム」という言葉は、もちろん、オレゴン州独自のものではないのですが、アメリカのヘッドクオーターはオレゴン州にあるのです。 自分たちの農産物に自信があるんだと思います。

食に関しては、オレゴンがやっぱり食材が豊富だということと、それを使っていろいろできるということで、それらを通してオレゴン州の魅力を伝えるということに力を入れています。 スローフードというのもその一環と言えると思います。 単に食べることだけではなくて、豊富で新鮮な旬の食材を生かした料理を知ってもらうためのクッキングスクールを実施したり、オーガニックにも力を入れたりしているものですから、地元の人たちが作った素材を使って、それを売り物といいますか、旅行者の方に味わってもらいたいのです。観光地に加えて、文化や生活も楽しんでもらうという考え方、それがオレゴン州、ポートランドの特徴でもありますね。
→URL http://www.oregoncuisine.com/


オレゴン州政府駐日代表部(観光担当)情報

こちらはいわゆる政府観光局ではなくて、正式にはオレゴン州政府の駐日代表部に観光の窓口があるということになる。
旅行代理店ばかりでなく、個人への旅行情報の提供や相談も受け付けている。現地の観光協会、空港とのリレーションは密にとっており、現地観光情報は非常に充実している。

住所: 〒105-0004 東京都港区新橋2-10-5(新橋原ビル3F)
MAP
電話: (03) 3580-8951
FAX: (03) 3580-9071
URL: http://www.oregonjapan.org/
(オレゴン州全体の日本語公式ページ)
スタッフ: 3名(投資・貿易・観光関係にそれぞれ担当者がいる)
観光担当:堀具子
営業時間: 月〜金 9:00〜17:00
※現地観光局のURL
ポートランド観光協会:http://www.travelportland.com/
オレゴン州観光局:http://www.traveloregon.com/
メッセージ:
観光局として独立しているわけではありませんが、来所されてのご相談、資料の閲覧も歓迎します。オレゴン州は観光プロモーションに熱心なので、日本語の地図や観光案内も結構充実しているんですよ。積極的に活用してください。少人数の事務所ですので、ご来所の際は、電話でご連絡ください。
観光に関するお問い合わせは、電話での質問や資料の送付もいたします。
スタッフはそれぞれ担当分野に分かれていますが、誰に聞いても大丈夫です。 お待ちしています。
<写真提供>PORT OF PORTLAND, オレゴン州観光局, (有)地球堂
2004年12月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部