トップページ >  ニュージーランドの自然を満喫! >  カイコウラは海の動物たちの天国
カイコウラ
すぐそこにクジラが!
体を横たえるオットセイ
カイコウラ滞在は長めに
コラム〜シーフードがおいしいのなんのって……
エイベル・タズマン国立公園
カヤックで漕ぎ出そう
人気の海岸線トラック
コラム〜ニュージーランドでのドライブって簡単!?
ニュージーランドで温泉三昧
キーウィも温泉大好き
ここは日本!?
まるでレジャーセンター
コラム〜ニュージーランド・ミュージックにハマる
大自然に抱かれたウィルダネス・ロッジ
国立公園に隣接
早起きして湖でカヌー
ヒツジたちとの触れ合い
ディナーも豪華
ツアー盛りだくさん
コラム〜飛べない鳥キーウィを見るなら


<< 前のページへ 次のページへ >>

  カイコウラは海の動物たちの天国

●すぐそこにクジラが! イルカが!
クジラやイルカに興味がある人ならカイコウラという地名を耳にしたことがあるかも? ニュージーランド南島の北東部、クライストチャーチから北へ約3時間車を走らせたところに位置する小さな町です。崖のような海底地形、水温の違うふたつの海流のぶつかり合いがカイコウラの海を豊かにし、多くの動物たちを育むのだそう。数あるアクティビティのなかで、なんといっても目玉はホエールウオッチでしょう。ここでは体長10〜18mもあるマッコウクジラを頻繁に見ることができるのです。

ホエールウオッチのクルーズは季節によって1日3〜4回、それぞれ4隻のボートが使用されるそう。立派なボートに乗り込むと、外洋に向かってひた走ります。驚いたのは巨大モニターに映し出される3D映像。GPSでボートの正確な位置が示され、海底地形や、さまざまな生物の生態が詳しい説明付きでリアルに展開します。そして巨大ソナーを使ってクジラの位置を探索し、効率的に移動するのです。

ハイテクを駆使した詳細な解説。しかし、この日は海が荒れ気味で気持ち悪くなる一歩手前、あまりじっくり見られなかった……
 

おかげで4回マッコウクジラを目撃しました。波間に見え隠れする巨大な黒い体からぷしゅっぷしゅっと潮が噴き、アッと思う間に尾を振り上げて潜水していきます。マッコウクジラは1回の潜水時間が40分間、その合間しばし海面に出てくるときだけ、私たちの前に姿を現すのです。

今まさに潜水しようとしているマッコウクジラ。見えるのは尾だけ
 

クジラを見てすっかり満足したあと、ボートはまた少し移動しました。そして今度はイルカです! ダスキードルフィンが群れで泳いできて、ボートの回りをくるくる泳ぎ回り、ジャンプしたり潜ったり、サービス満点! う〜ん、なんてかわいいヤツら……。このほかに、アルバトロスほか多くの海鳥も見えます。ひと粒で何度もおいしいクルーズなのでした。

ホエールウオッチ・カイコウラ
http://www.whalewatch.co.nz/

愛嬌たっぷりのダスキードルフィン。一緒に泳いだら楽しいだろうな〜
 

●重そうな体を横たえるオットセイ
町の中心部からカイコウラ半島のほうへ向かうと、行き止まりが駐車場になっています。ここは高台を上るウオークウェイの出発点になっているのですが、海沿いの岩場を40分ほど歩くと、数百頭のオットセイがすむコロニーにたどり着くことができます。ただし、この岩場を歩けるのは干潮の前後4時間に限られるため、あいにく私たちは行けませんでした。

「残念だなあ」と近場の岩を眺めているとアレ……? 黒い岩が動いている……? なんとラッキーなことに、すぐ近くにも何頭かのオットセイが横たわっていたのです! 驚かせないように静かにじりじりと近寄っていくと、眠っているかと思われたオットセイがたまに目を開けてチラチラとこちらを見ている様子。保護のため10m以内に近づいてはいけませんが、そのユーモラスな姿をじっくり堪能することができました。

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer