トップページ >  ニュージーランドの自然を満喫! >  ニュージーランドで温泉三昧
カイコウラ
すぐそこにクジラが!
体を横たえるオットセイ
カイコウラ滞在は長めに
コラム〜シーフードがおいしいのなんのって……
エイベル・タズマン国立公園
カヤックで漕ぎ出そう
人気の海岸線トラック
コラム〜ニュージーランドでのドライブって簡単!?
ニュージーランドで温泉三昧
キーウィも温泉大好き
ここは日本!?
まるでレジャーセンター
コラム〜ニュージーランド・ミュージックにハマる
大自然に抱かれたウィルダネス・ロッジ
国立公園に隣接
早起きして湖でカヌー
ヒツジたちとの触れ合い
ディナーも豪華
ツアー盛りだくさん
コラム〜飛べない鳥キーウィを見るなら


<< 前のページへ 次のページへ >>

  ニュージーランドで温泉三昧はいかが

●キーウィも温泉大好き
火山国であるニュージーランドには、日本と同じように温泉も豊富にあります。温泉の町としては特に北島のロトルアが有名ですが、南島だって負けていません! ニュージーランドの先住民族マオリの人々も、古くから保養地として温泉を利用してきたそうです。

●ここは日本!? “マルイア・スプリングス”

エイベル・タズマン国立公園から南へ約3時間車を走らせると、山に抱かれるようにしてぽつんとたたずむ温泉宿に到着します。ここ「マルイア・スプリングス・サーマル・リゾート」は、なんと新潟県赤倉温泉の「ホテル秀山」によって開発された純和風温泉なのです。

20室しかない客室は、ニュージーランドの平均的なホテル形式。チェックインを終えて荷物を片づけたら、さっそく温泉探検だ! 強い硫黄の匂いが漂ってくる庭を横切って、まずは露天風呂へ。ここは男女共用なので要水着。180度広がる山を背景に川のせせらぎがかすかに聞こえ、すごい開放感。打たせ湯もあるところがおもしろい。キーウィ男性が気持ちよさそうに打たれてました。

打たせ湯を楽しむキーウィたち。「モデルになって」と頼んだら、気持ちいい感じになりきってくれたいい人たちでした
 

次に男女別の大浴場へ。ここは日本と同じく裸で入ります。脱衣所と浴槽はかなり広々としており、ジェットバス付き。ふと壁を見るとイラストと各国語でお風呂の入り方が説明された日本浴場組合のポスターが張ってあったり、カランには「押す」と書いてあったり……まるで日本にいるみたい。さらに個室風呂も6棟あって、ガラス窓いっぱいに広がる山の景色を眺めながら、のんびりくつろげるでしょう。在住日本人がよく泊まりに来るそうです。ニュージーランド人をはじめ欧米人は、やはり裸でお風呂に入るのには抵抗を感じるらしく、皆ほとんど露天風呂に行ってしまうとか。

大浴場は夕方・朝方と利用しましたが、いつも貸し切り状態でした
 

湯上がりは缶ビールを買ってオープンエアテラスでくつろぎ、館内の「レストラン秀山」で夕食。鍋料理がメインのコースメニューになっており、我々は石狩鍋をチョイス。サーモンほか野菜たっぷりの鍋はしっかりダシが効いています。前菜やうどん、ご飯、汁もの、デザートと、全部食べたら動けなくなるほどのボリューム。給仕してくれる日本人スタッフとお話していると、自分が今どこにいるのか、本当にわからなくなってきたのでした……。

マルイア・スプリングス・サーマル・リゾート
www.maruiasprings.co.nz/japanese/indexj.html

ニュージーランドで石狩鍋を食べるとは思っていませんでした。いいダシ出てます
 

●一大レジャーセンター “ハンマー・スプリングス”
ハンマー・スプリングスは、マルイア・スプリングスから車で約1時間、クライストチャーチから約2時間の場所にある小さな町です。緑に囲まれたすがすがしい高原リゾート地といった雰囲気。ここの目玉施設が「ハンマー・スプリングス・サーマル・リザーブ」。マルイアはまんま日本の温泉といった感じでしたが、ここはレジャープールという言葉がぴったりきそう。

ちょっと肌寒い日だったので震えながらも、子供たちはウォータースライダーに夢中になっていました
 

広大なガーデンに湯温が異なるたくさんの温水プールが配されていて、それぞれ思い思いにくつろぐ人々でいっぱい。子供たちが行列をなすウォータースライダー付きプール、がんがん泳げる25mプール、42℃の温泉でじっくりぬくもれるホットプール、温泉が川のように流れる浅めのロックプール、とバラエティ豊か。そのほか裸で入れる個室風呂に、サウナ、エステ&マッサージサロン、カフェもあり、ゆっくり楽しめそうです。周辺には多くの宿泊施設が点在し、アクティビティも揃っているので、日帰りしてしまうのはもったいないかもしれません。また、並木が鮮やかな黄色に色づくハンマー・スプリングスの秋は、また格別だとか。

ハンマー・スプリングス・サーマル・リザーブ
www.hanmersprings.co.nz/index.cfm/japanese

ロックプールは温泉水が流れるうちに冷めるので、入る場所によって温度が違います

▲このページのトップへ

以前ライブで聴き、すっかり魅了されてしまった『オセアニア』。ドライブ中CDをずっと流していましたが、その壮大で神秘的な雰囲気は、まさに車窓に広がる光景にぴったりでした。ニュージーランド先住民族マオリの音楽に現代的なアレンジがほどこされており、心地よいリズムのなか、魂に訴えかけてくるような力強さが伝わってきます。

マオリ伝統の楽器を多用していたり、ハカ(マオリ男性による戦闘前の踊り)のかけ声が挿入されたりするところも、エキゾチックな雰囲気。また、マオリ語の母音は日本語と同じ「ア・エ・イ・オ・ウ」なので、歌詞がそのままカタカナで表せそうな親近感があり、何やら呪文を聞いているかのような不思議な気分にもなります。CDは『オセアニア』というタイトルで1と2が出ており、1は日本でも買えるようです。

最近の注目株は16歳の少女ヘイリー。日本のTVドラマ『白い巨塔』の主題歌『アメイジング・グレイス』なら皆聴いたことあるのでは? ピュア・ヴォイスと愛らしいルックスで、これからますます人気が高まりそうなシンガーです。

日本ではユニバーサル ミュージックから発売中
 

▲このページのトップへ

<< 前のページへ 次のページへ >>


spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer