ガイドブック編集部 > 特集 > ドイツのクリスマスマーケットを訪ねて

ドイツのクリスマスマーケットを訪ねて

鈴木眞弓(スズキ・マユミ)

地球の歩き方「ドイツ編」や「ウィーンとオーストリア編」などの編集を担当。

最近は、ドイツの三大マーケットともいうべき、クリスマスマーケット、フリーマーケット、スーパーマーケットを歩くのが大好き。自称「クリスマスマーケットの伝道師」。

中世風木組みの家々の前で開かれるフランクフルトのクリスマスマーケット

中世風木組みの家々の前で開かれるフランクフルトのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットで買えるかわいらしい木工人形たち

クリスマスマーケットで買えるかわいらしい木工人形たち

はじめに

クリスマスは、ドイツ人にとって1年を締めくくる最も大切な行事。彼らがとりわけ楽しみにしているのが、クリスマスに向かって約4週間続くクリスマスマーケット。町の中心となる広場に、色とりどりのイルミネーションが輝き、クリスマスグッズを売る屋台が並ぶ。子供の頃から毎年訪ねてきた楽しい記憶がよみがえるのだろうか、マーケットを歩く人たちはみんなニコニコと楽しそう! そんなドイツの冬旅の楽しみがぎゅっと詰まっている各地のクリスマスマーケットを訪ね歩きました。

今回の訪問地

  • ○ドレスデン
  • ○カッセル
  • ○ケルン
  • ○フランクフルト
2004年12月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部