ガイドブック編集部 > 特集 >  フィンランド・オーロラ紀行 > オーロラウオッチを終えて

オーロラウオッチを終えて

オーロラウオッチを終えて

オーロラなんて……

僕がはじめてオーロラを見たのは2年前の2002年。フィンランドのロヴァニエミを訪れた時だった。はじめてみたオーロラは薄く、雲と見間違うほど色も無かった。以来、オーロラには憧れは抱いていたものの、どこか冷めていたように思う。今回、取材で実際に行くことになっても、心のどこかで「どうせ見られないじゃないか」「出ても大したことないんじゃないか」と思っていた。

ロヴァニエミにあるサンタクロース村

ロヴァニエミにあるサンタクロース村


やはり簡単には見られません

レヴィ滞在1日目、空は厚い雲に覆われ、星すらも見えない。深夜24:00頃に車で近くのスポットまで移動するが、やはりオーロラは出ていない。一度ホテルに戻りカメラマンと別れた後、寝ようと思ったが、どうもあきらめ切れなかった。もう一度徒歩でマイナス10度のなかを20分ほども歩きオーロラポイントへ。30分待っても雲は晴れず、初日の観測は断念。2日目も、日中は曇り。犬ぞりやトナカイぞりを体験し、楽しかったが、やはり気分はからりとは晴れない。夜10時頃にその日の取材もすべて終了し、カメラマンと一緒にため息をつきながらホテルへ帰還。。。

2日目の昼はアクティビティ三昧。大きなトナカイに感動のトナカイぞり

2日目の昼はアクティビティ三昧。大きなトナカイに感動のトナカイぞり


あきらめずにチャンスを待つこと

部屋で次の日の取材の準備をしていると、窓の外が光っているのに気付く。「オーロラか?」と思って外に飛び出すと、カメラマンとばったり。外が光っていたのは、オーロラではなく急激に気温が下がったことによって発生したダイヤモンド・ダストが、街灯にあたっていただけ。しかし、その時頭に浮かんだのは前日のガイドさんの言葉。「ラップランドでは、晴れると気温が下がるんです。夜、突然10度近く下がってマイナス20度にもなることがあります。その時は雲が一気に晴れた証拠です。」空を見上げると、満点の星空。もちろん、迷うことなくオーロラポイントへ。

快適な観測小屋があっても待ちの時間はツラい

快適な観測小屋があっても待ちの時間はツラい


人生初のオーロラウオッチ

昨日よりもずっと寒いマイナス25度のなか、20分歩いてオーロラポイントへ。カメラをセットして待つこと約30分。すると、北の方から光の筋が上ってきたのが確認できた。はじめ、またダイヤモンド・ダストかと思ったが、すぐに違う事に気づいた。光は一気に延び、空にじわりと広がっていった。。ようやくのオーロラ出現。こうなるともう止まらない。光の帯は時にゆらめいたり、時に渦を巻いたり。さまざまな動きを見せてくれる。色も緑から青、赤とさまざまな顔を見せながら、まるで生き物のように上空に光のアートを描いていく。一心不乱にシャッターを押しながら、何度同じ台詞を言ったことだろうか。「すごい。。。」。翌日、最終日の僕らを見送るように、ふたたびオーロラは姿を現した。昨日よりも大きく、そして激しい動きを見せながら。

ついに出現したオーロラ! それでも規模は「プチ弾け」程度だとか

ついに出現したオーロラ! それでも規模は「プチ弾け」程度だとか


これからオーロラを見ようとする人達へ

これからオーロラ旅行に行きたいと思っている人に贈りたい言葉があります。「オーロラは本当に見たいと思っている人には姿を見せる。」他人に頼らず、自分で何度も確認しましょう。ダメと言われてもあきらめず何度も空をチェックしましょう。それでも見えなかったら? まだまだ見たいと思う気持ちが足りません。1年間、気持ちとお金を貯めて、またラップランドへいらっしゃい!

はげしくうねる最終日のオーロラ。規模はなんと10段階で9程度。見上げる空一面に大きく踊っていました……

はげしくうねる最終日のオーロラ。規模はなんと10段階で9程度。見上げる空一面に大きく踊っていました……

フィンランド オーロラツアーのご案内

この旅程を体験できます

フィンランドのオーロラ取材レポート、いかがでしたか? こちらのレポートで紹介したコースはアルキカタ・ドット・コム社のオーロラ・ツアー企画で体験できます。
ラップランドのスキーリゾート訪問に始まり、サンタクロース村のあるロヴァニエミでの滞在。さらに寝台列車「サンタクロース・エキスプレス」に乗車し、魅力的な町ヘルシンキを訪れるこのコースは、盛り沢山の内容で、このたびのオーロラ・ツアー企画でも人気のコースとなっています。

オーロラのシーズンはまだまだこれから。年末年始に海外へ出られなかった方、ずっとオーロラを見たいとお考えだった方、この、オーロラ観測のチャンスがあり、北欧の都市滞在も列車旅も満喫できるツアーに参加してみませんか? ツアーはおひとりからでも参加が可能です。以下のリンクから詳しい内容をご覧ください。

北欧フィヨルドとオーロラ観測8日間
上記のツアーは終了いたしました

2004年12月号