トップページ > セントレア開港&最新チェックイン事情  >  セントレアの中はど〜なってるの?ユニークな内部施設を大公開!

「こころときめくエアシティ」がコンセプトのセントレアは、飛行機に乗る人も乗らない人も楽しめる造りになっており、空港としてだけでなく観光名所としても大いに期待できそうだ。地元ならではのお店や、空港初、日本初のユニークな施設など、ワクワクの内部施設をご紹介!

 


宿場町風情たっぷりの
『ちょうちん横丁』
空港へは早めに行ってリラックス、が常識に!?
まず一番の見どころは旅客ターミナルビル4階『ちょうちん横丁』内に設けられた『くつろぎ処』(リラクゼーションエリア)。目玉はなんといっても日本初の空港内展望風呂「宮の湯」! 天井までガラス張りで日本一機体を間近に見ながら入ることができる浴場なのだ。しかも西向きに造られているので、夕暮れ時には赤く染まる機体を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。
「宮の湯」DATA
営業時間 8:00〜22:00
大人900円
子供500円
タオル250円

『くつろぎ処』の入り口

最大45人入浴できる「宮の湯」には展望風呂のほかジャクージ、寝湯風呂、水風呂、サウナもある
リラクゼーション施設は展望風呂だけではない。『くつろぎ処』にはボディケア、エステ、ヘアサロンもあり、すべて1ヵ所で受けることができるので、時間を有効に使うことができる。また『くつろぎ処』のエリア内は入浴料金や飲食代、ボディケア料金などすべてリストバンドを利用した精算方式で、利用後に受付で支払うシステム。
編集部Uの取材コメント
宮の湯からは国内線の駐機場が見えます。天井からも太陽光がたっぷり入る造りでここが空港だということを忘れてしまうようなゆったり感がありました。ちなみに女湯のほうが屋上の展望デッキに近い側に設置されているので、天井にうっすら人影が映り、ちょっとドキドキ(見えることはないはずですが)。シャンプーとリンス、ボディソープが常備されています。リストバンドがロッカーの鍵の役割も果たすのでなくさないようにご注意を。
▲このページのトップへ
日本一ハネムーンに行きやすいウエディング
ターミナルビル1階センターピアの先端には挙式可能なスペースが設けられている。公共スペースなので参列者だけでなく行き交う人々の祝福も受けられる。披露宴は、3階の展望レストラン「クイーン・アリス&トゥーランドット」で。伊勢湾の眺望や飛行機の離発着を眺めながらフレンチの巨匠、石鍋裕シェフのプロデュースするフレンチと中華のコンビネーション料理を堪能できる。空港内での挙式、披露宴を通年行なうのは日本初の試み。

センターピアガーデンの挙式エリア

ガラス越しに機体の発着を楽しめる
編集部Uの取材コメント
広報の方によると2月5日現在で70組の予約が入っているという人気ぶり。ただし、カップルのみなさま!挙式スペースはセンターピアガーデンの先端も先端、空港駅からは最も遠い場所にあるので、時間には余裕を持って向かってくださいね。
▲このページのトップへ
銘品館&セントレアフレンズで「ならでは」のおみやげをゲット!
3階のセントレア銘品館では地元の銘品はもちろん、限定ショップや初登場のお店などが目白押し。57店中26店が空港初出店というからオドロキだ。例えばこれまでネット通販でしか買えなかった人気のお菓子、菓宗庵の名古屋コーチン卵を使ったお菓子が初登場したり、愛知名産の八丁味噌を使ったケーキが限定発売されたりと、セントレアならではの品揃えに目移りしてしまう。空港での待ち時間がぐっと短く感じられるに違いない。

セントレア限定のNewショップ「i-chic」

旭軒の「手前みそ」はしっとり濃厚な
チョコレートケーキ
「なぞの旅人フー」をはじめとするセントレアのキャラクターグッズが購入できる「セントレアフレンズ」。

セントレアグッズはワゴン販売もある。ハンカチやストラップなどさまざまなグッズが

キャラクターが描かれたお菓子も好評
※銘品館での取り扱いブランド一覧は、セントレアのウエブサイトで紹介されている。
enjoy.centrair.jp/meihin
▲このページのトップへ
気になる免税店の品揃えは?
免税店での買い物は海外旅行の楽しみのひとつ。セントレアの免税店は総店舗面積1,434平方メートルで国内最大規模。特に化粧品コーナーは充実しており、日本初のプラダのコスメラインなど、女性は見逃せない充実のラインアップだ。

広々とした化粧品&ファッションコーナー

白を基調としたシンプルなプラダの
化粧品
編集部Uの取材コメント
化粧品コーナーは確かに広かった。個人的には成田国際空港にはないシュウウエムラのコスメが多くて嬉しい限り♪
ブティックとしてはカルティエ、セリーヌ、エルメス、ブルガリ、フェラガモと免税店の代表ブランド5店が並んでいます。
▲このページのトップへ
ご当地グルメに舌鼓!
4階のワールドグルメゾーン『レンガ通り』には14店の飲食店があり、中部地区初出店のレストランも多い。『レンガ通り』の向いには『ちょうちん横丁』があり、地元のこだわりの品々を実演販売するショップと地元の有名飲食店が軒を連ねている。

カフェテリア形式で気軽に楽しめる
「クィーン・アリスアクア」

イタリアのチョコレートブテッィク
「BABBI」のジェラート

スタイリッシュな内装の
「ZETTON Cafe&Eats」

名古屋で人気!「味仙」の
台湾ラーメンは唐辛子たっぷり

▲このページのトップへ

  次のページへ >>


インド洋&アジアン・リゾート最新情報」公開中
昨年末に起きたスマトラ沖大地震は、インド洋周辺の各地に被害をもたらしましたが、現地の観光地は着々と復興中です。地球の歩き方編集部では、各ガイドブックの担当者が現地に連絡をとり、最新の旅行状況を確認しました。こちらからご覧ください。
2005年
2月の新刊

2月7日発売

鉄道1
ヨーロッパ鉄道の旅
1,785円

2月14日発売

ガイドブックA03
ロンドン
1,659円

2月21日発売

ガイドブックA04
スコットランド
1,764円

ガイドブックD03
北京
1,659円

ガイドブックD14
モンゴル
1,827円

ガイドブックD23
ラオス
1,764円

リゾート305
ケアンズとグレートバリアリーフ
1,722円

鉄道8
北米大陸鉄道の旅
1,890円

2月24日発売

ムック
ヨーロッパ花めぐり
1,260円

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer