ガイドブック編集部 > 特集 >  絶対後悔しない 旅の鞄選び > バッグの見利きになる 軽さ、タフさ、安全性がバッグ選びの3大ポイント

バッグの見利きになる 軽さ、タフさ、安全性がバッグ選びの3大ポイント

まず、現在、旅行バッグの主流となっているキャリーバッグを選ぶ際のポイントについて考えてみよう。

軽さ - ポイント1

機内預け荷物(受託手荷物)には重量制限がある。また、持ち運びという点でも、バッグ自体は少しでも軽いほうがよいのは当然のこと。バッグ本体の素材と骨格となるフレームの素材にも、十分気を配って選ぶようにしたい。

1 ボディの素材
2 フレームの素材
3 キャスターの走行性

※航空会社が無料で預かる荷物の重量は、「エコノミークラスで総重量 20kg以下」としているところがほとんど。 なお、太平洋路線(米国・グアムを含む)は、バッグの個数による制限。

タフさ - ポイント2

機内の荷物格納庫で一番下になった場合、 100kg 近い重量がかかることもあり得る。また、海外の空港では手荒な取り扱いをされる可能性も高い。当然、「タフであること」はバッグ選びの大きなポイントとなってくる。とくにチェックが必要なのは、次の 3 点だ。

1 ボディの素材
2 フレームの素材
3 キャスターの耐久性

安全性 - ポイント3

セキュリティという点では、バッグに装備されているカギのシステムがポイントとなる。ハードキャリーケースは各社独自のキーシステムを設けている。ソフトキャリーケースの場合は、ふたつのファスナーの引き手にセットするダイヤル式コンビネーションロックを採用しているケースが多い。これは、任意の番号を組み合わせることで施錠・開錠することができる、いわば南京錠だ。

1 カギ
2 ボディの素材

空港への足は? 多くの人が「電車で」と答えるだろう。欧米諸国なら車で空港へアクセスというのが普通だが、日本ではなかなかそうはいかない。自宅から駅まで歩くのか? 乗り換えは何回?
自問してみよう。たぶん空港までの移動もたいへんだという人が多いと思う。
そんな場合、バッグにどんなキャスターが使われているのか、きちんとチェックすることが必要だ。

1 キャスターの数
2 キャスターの走行性
2005年3月号