繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  絶対後悔しない 旅の鞄選び > 自分スタイルのバッグづくり > バッグのおしゃれカスタマイズ
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


バッグのおしゃれカスタマイズ

バッグのおしゃれカスタマイズ

大きなトラベルバッグの中にどう荷物をパッキングするか。これは毎回頭を悩ますテーマだ。市販されているインナーバッグを利用してみるのもひとつの手。イーグルクリークのトラベルギアを使って、カラフルにシステマティックにバッグの中を整理してみよう。

ビジネス向きソフトキャリーバッグもこんなにカラフルに

ビジネス向きソフトキャリーバッグもこんなにカラフルに


■アウトドアグッズの特性を利用したトラベルギア

イーグルクリークは、1975年、アメリカのスティーブ&ノナ夫妻がクライミングショップを開いたことからスタートした会社。80年代以降は、アウトドアグッズの特性を生かしたトラベルギアを開発して販売。

同社のトラベルギアは、素材へのこだわり【−40℃でもOKの生地や樹脂素材】、縫製はWステッチ【丈夫】、メッシュやクリア素材を採用【中身が分かりやすい】、厚手のナイロン生地採用【耐久性を重視】、サイズ展開が豊富【メインバッグに合わせやすい】など、細かい配慮がなされている。数あるアイテムから自由に組み合わせ、自分のルールでメインバッグに上手に収納していこう。

■トラベルギアを使って効率的にパッキング

イーグルクリークのパックイットシステムは、自分流の工夫がしやすいのも魅力。スーツケースやソフトキャリーバッグ、バックパックなど、どんなメインバッグにも対応可能。ホテルに到着後、中身をパックイットシステムに入れたまま、備え付けのクローゼットの引き出しにそのまま収納できる。「パックイット2-サイドキューブ」は、着用済みの下着と清潔なものを区分けしたり、濡れたものと乾いたものを区別したりできる。温泉やプールに行くときにも使い勝手がいい。

バッグから引き出しへ。そのまま収納できるので便利

バッグから引き出しへ。そのまま収納できるので便利

2サイドキューブなら濡れたタオルと乾いたTシャツも同居できる

2サイドキューブなら濡れたタオルと乾いたTシャツも同居できる

また、「パックイットフォルダー15」は、Yシャツなどをたたむためのガイド板付き。これに習ってシャツを収納すれば、クリーニングから戻ってきたような状態で気持ちよく着用できる。

Yシャツをこんなにきれいに収納できるパックイットフォルダー15

Yシャツをこんなにきれいに収納できるパックイットフォルダー15

フックが付いた「コアラ」は、化粧小物等を収納でき、洗面所で使うときに便利なアイテム。ホテルの洗面所や機内のトイレでフックを使って掛けて使うことが可能。

コアラはこんなふうに洗面所に掛けて使える

コアラはこんなふうに洗面所に掛けて使える

イーグルクリークのトラベルギアシリーズは、カラーがヴィヴィッドな4色展開なので、すべてをトータルで揃えたり、アイテムごとに色で区別したり、アイデア次第で使い方は自由自在。カラフルでバラエティ豊かなトラベルギアを使ってパッキングをすると、人前でバッグを開いて見せたくなってしまいそうだ。

シューズケースもあると便利

シューズケースもあると便利

洗面用具もこんなふうに収納できる

洗面用具もこんなふうに収納できる


東京プリンスホテル撮影協力:東京プリンスホテル
東京プリンスホテル
パークタワー

こんなものも使ってみよう!

バッグの中の整理に活用して意外に役立つのが日本古来からの文化である「風呂敷」。風呂敷は正方形の布だが、サイズが小さいものから大きいものまでバリエーション豊かで、色や柄もさまざま。これを利用して下着やTシャツといった衣類を種類ごとにまとめる。着用を終えて用済みとなった風呂敷は小さくたためるし、ものの形に合わせて自由に包める。

素材もコットンやレーヨンなどいろいろあり、値段も500円〜と手頃。旅先で知り合った外国人にプレゼントしても喜ばれる。風呂敷は、和装小物店などで扱っているが、ネット通販でもカンタンに入手可能。

また、バッグの空きスペースには、お菓子の缶などに挿入されているプチプチ、エアクッションを入れておくといい。海外で雑貨などを買うつもりの人はこれがおおいに役立つ。外国では日本のようにていねいな梱包をしてくれないから、陶器などは持ち帰りが気がかりだが、エアクッションを持っていれば、これで包み、テープ(セロテープまたはガムテープなどを持参)で留めてしまえば安心だ。入手先は文具店やネット通販で。タイやベトナムなどで、食器を買いまくるつもりの方、バッグの隅にエアクッションをお忘れなく!

2005年3月号