ガイドブック編集部 > 特集 > ザ・ガン号で巡る 中央オーストラリアの旅 > 2泊3日ザ・ガン号の旅 -食事時間を選ぼう〜豪華なコース料理-

2泊3日ザ・ガン号の旅-食事時間を選ぼう〜豪華なコース料理-

食事時間を選ぼう

ゴールドカンガルー・クラスの場合、乗車中の全食事が料金に含まれている。ただ乗客数が多いため、テーブルシッティングの時間が早番(ファーストシッティング)と遅番(セカンドシッティング)の2交代制となっている。乗車後すぐにホスピタリティアテンダントが、どちらの時間がいいかを聞きに来るので、好みの時間を伝えよう(満席の場合はどちらかの時間を指定される場合もある)。ファーストシッティングには栗色の食事カード(maroon card)が、セカンドシッティングには紺色の食事カード(navy card)が渡される。

ダイニングカーの食事準備が完了すると「マロンカードのお客様は食事の準備ができましたので……」といったアナウンスが流れる。なお、当日の予約状況により、ダイニングカーが2〜3両連結される場合には、各客車ごとにダイニングカーも指定されるので注意が必要だ。

サービスも本格的だ

サービスも本格的だ

レストランカーにあいさつに現れるシェフ

レストランカーにあいさつに現れるシェフ

ウエルカムレセプションに参加

乗車後しばらくするとゴールドカンガルーでは、ウエルカムレセプションが開催される。ゴールドカンガルーのニュースレター『オン・トラックOn Track』にはウエルカム・レセプションの予定が記載されてはいるが、実際に始める時間は当日のトレインマネジャーが決定するので、車内アナウンスは聞き逃さないようにしたい。またこのレセプションも通常は食事同様2交代制だ(「マロンカード」「ネイビーカード」に分かれる)。

ウエルカムレセプションはラウンジカーで行われる。無料のシャンパンとカナッペが振る舞われ、トレインマネジャーがザ・ガン号の歴史やスペックなどを、ジョークを交えて解説してくれる。また乗り合わせた客の顔合わせの貴重な時間ともなるので、ぜひ参加しておきたい。

トレインマネジャーの説明に耳をかたむける乗客たち

トレインマネジャーの説明に耳をかたむける乗客たち

フレンドリーでいろいろな質問に答えてくれるトレインマネジャー

フレンドリーでいろいろな質問に答えてくれるトレインマネジャー

豪華なコース料理

食事は基本的に落ち着いた雰囲気のゴールドカンガルー専用ダイニングカー(スチュワートレストラン/タルクーラレストラン)での、本格的コース料理。しかも前菜、メイン、デザートとも数種類のなかからチョイスできる。テーブルは4人がけで、基本的に、他の乗客と相席となるようすすめられる。食事時は会話を楽しみながら、ゆっくりと……というのがコンセプトだ。日本人乗客が少ないため、ほとんどの場合は英語でコミュニケーションしないといけない。 なお途中駅アリススプリングスでは、ゴールドカンガルー・クラス乗客用オフトレイン・ツアー(無料)中に、デザートパーク内でランチとなる。

オーストラリアならではの食材を使ったコース料理

オーストラリアならではの食材を使ったコース料理

オーストラリアマップ→オーストラリアマップ

またレッドカンガルー・クラスの場合は、レッドカンガルー・ダイニングカー(マチルダレストラン)内にあるテイクアウェイショップで、好みの食事を購入して食べることになる。もちろんアルコール類も販売している。

食事時は混雑するテイクアウェイショップ

食事時は混雑するテイクアウェイショップ


◆ゴールドカンガルー・クラス全食事一挙公開

ゴールドカンガルー・クラス乗車間の食事を一挙公開! こちらからご覧ください。

2005年4月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部