ガイドブック編集部 > 特集 > ザ・ガン号で巡る 中央オーストラリアの旅 > 2泊3日ザ・ガン号の旅-車窓の景色の移り変わりを楽しむ〜アデレード到着前のうれしいサービス-

2泊3日ザ・ガン号の旅-車窓の景色の移り変わりを楽しむ〜アデレード到着前のうれしいサービス-

車窓の景色の移り変わりを楽しむ

何しろオーストラリア北部から南部まで約3000kmを縦断する列車だ。高温多湿の熱帯(トロピカル・トップエンド)から灼熱の砂漠(レッドセンター)、そして四季のある温帯までを通り抜ける。広大な大地を走るため車窓の景色は一見何ら変化しないように感じるが、実際にはほんのわずかずつ、そして確実に変化している。そんな景色を眺めるのもザ・ガン号の楽しみといえる。

ユーカリの森が途絶え広大な草原へと出た。列車の音に驚いて一斉に飛び立つマグパイグースの群れ。キャサリンはもう近い(2005年3月2日12:50)

ユーカリの森が途絶え広大な草原へと出た。列車の音に驚いて一斉に飛び立つマグパイグースの群れ。キャサリンはもう近い(2005年3月2日12:50)


オフ・トレイン・ツアー

ザ・ガン号はキャサリンで4時間40分、アリススプリングスで3時間25分の停車をする。これは乗客に大陸中央部の観光を楽しんでもらおうという配慮からだ。そのためザ・ガン号では、停車時間中に楽しめるツアーを手配してくれる。それがオフ・トレイン・ツアーだ。


アデレード到着前のうれしいサービス

アリススプリングスを出発した列車は、ひたすらアデレードを目指す。約20時間、外の景色を眺め、食事をして過ごすことになる。旅が終わりに近づいた頃、ホスピタリティアテンダントが、ゴールドカンガルーの各寝台室を回り始める。乗客一人ひとりにこれからの旅の安全を祈り、そしてオーストラリアを代表する豪華寝台列車ザ・ガン号乗車の証明書を配るのだ。

乗車の日付が期された証明書は何よりの記念品だ

乗車の日付が期された証明書は何よりの記念品だ

2005年4月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部