繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 > ザ・ガン号で巡る 中央オーストラリアの旅 > 2泊3日ザ・ガン号の旅 -オフ・トレイン・ツアー- > アリススプリングス発オフ・トレイン・ツアー
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


アリススプリングス発オフ・トレイン・ツアー

オーストラリアほぼ中央に位置するアリススプリングス。 3時間の停車中に、町の郊外にあるデザートパークを訪れる オフ・トレイン・ツアーが催行されている。

レッドセンターの拠点、アリススプリングス

DATA1
ゴールドカンガルー乗客は無料、所要約2.5時間

オーストラリア大陸ほぼ中央に位置するアリススプリングス。ここは、1871年大陸縦断の電信網を完成させるための中継基地として開発が始まった町だ。町の郊外に砂漠のオアシスとでも言うべき泉が湧いていたのが、中継所建設の決めてとなった。その泉を、当時の南オーストラリア総督チャールズ・トッドの妻アリスにちなんでアリススプリングスと名付けたのが町の名の由来である。

現在はダーウィンに次ぐノーザンテリトリー第2の町として発展しており、ウルル−カタジュタ国立公園(エアーズロック&オルガ岩群)をはじめとするレッドセンター観光の拠点となっている。アリススプリングスでは、ゴールドカンガルー乗客のために無料の市内観光+デザートパーク・ツアーが催行されている。アンザックヒルから市中の眺望を楽しんだあと、バスでアリススプリングス中心部を一周し、その後郊外にあるデザートパークへ。

4500万年にわたるレッドセンターの自然の変遷を巨大スクリーンの映画で観たあと、オーストラリア中央部のさまざまな自然を再現した園内を散策(生息環境に合わせた展示館で多様な鳥類やは虫類を見ることができる)。園内散策時間が約30分しかないので、入園時にもらえる地図を参考に的を絞って観光しよう(本来デザートパークをじっくり観光するには2時間は必要)。その後デザートパーク内のマジガンズ・レストランでランチとなる。

ゴールドカンガルー専用のオフ・トレイン・ツアーに利用されるバス

ゴールドカンガルー専用のオフ・トレイン・ツアーに利用されるバス


アリススプリングスの町が見渡せるアンザックヒル

アリススプリングスの町が見渡せるアンザックヒル

オーストラリア内陸部の自然に関する展示が自慢のデザートパーク

オーストラリア内陸部の自然に関する展示が自慢のデザートパーク


デザートパーク内では中央オーストラリアに生息するさまざまな鳥が見られる(写真はスピニフィクスピジョン)

デザートパーク内では中央オーストラリアに生息するさまざまな鳥が見られる(写真はスピニフィクスピジョン)

ユニークな体をしたソニーデビルはデザートパーク内ノクターナルハウスで見られる

ユニークな体をしたソニーデビルはデザートパーク内ノクターナルハウスで見られる


なおレッドカンガルー乗客は、アリススプリングス駅到着後、プラットホーム沿いに並んだ旅行会社のブースで停車時間内観光を選択して申し込める(こちらもデザートパーク観光が一般的だ)。またアリススプリングス駅から町は徒歩10分程の距離なので、町を自由散策するのもいいだろう。

2005年4月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部