繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮   >  ザ・ガン号で巡る 中央オーストラリアの旅 > 豪華列車ザ・ガン号の気になる車内設備 > レッドカンガルー(セカンドクラス)
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


レッドカンガルー(セカンドクラス)

ゴールドカンガルーは年配者が多いのに対し、レッドカンガルーは値段も手頃なことから若者、特にバックパッカーが多い。ただしゴールドカンガルーのように各社アメニティが無料であったり、食事が付いていたり、アリススプリングスでのオフ・トレイン・ツアーが付いていたりということはない。トラベルトレインというよりも移動手段のための列車といった雰囲気だ。

レッドカンガルー(セカンドクラス)

座席者(デイナイターシート)&寝台車(スリーパーキャビン)

基本は座席車。座席は思いのほかゆったりしているし、リクライニング角度も日本の列車に比べると充分。しかし2日間眠るのはさすがに体にきつい。日中は天井からつり下げられたテレビモニターでビデオプログラムが上映されている。また夜9:30を回る頃になるとライトが消される。

バックパッカーがほとんどといった感じのレッドカンガルー座席車

バックパッカーがほとんどといった感じのレッドカンガルー座席車


ちなみにゴールドカンガルーのシングル寝台を改造して2人用寝台としたレッドカンガルー寝台もあるので、多少予算があったらこちらをすすめる。レッドカンガルー寝台の車両には1カ所シャワー設備もある。

※取材時にはレッドカンガルー寝台が満室だったため写真撮影ができませんでした。

ラウンジカー(ナラボーラウンジ)

豪華さこそゴールドカンガルーのラウンジカーには及ばないが、バースペースがない分、ゆったりした雰囲気はこちらが上。なおドリンク類は隣のダイニングカーで購入して持ち込むことになる。また乗客に若者が多いことを意識してか、ラウンジカー内にはビデオゲーム機も設置されている。数は充分ではないが、ザ・ガン号乗車記念にもなる時刻表も置いてある。

レッドカンガルーでも優雅な時間が過ごせるラウンジカーがある

レッドカンガルーでも優雅な時間が過ごせるラウンジカーがある

ビデオゲームがあるのもレッドカンガルーの客層を考えてか?

ビデオゲームがあるのもレッドカンガルーの客層を考えてか?

ダイニングカー(マチルダレストラン)

併設のテイクアウェイショップで好きな食べ物を購入して食べるスタイル。特に席が決まっているわけでもないため、ラウンジカー同様にくつろぎにやって来るお客も多い。

コーヒーを飲みながら談笑するお客が多いレッドカンガルーのダイニングカー

コーヒーを飲みながら談笑するお客が多いレッドカンガルーのダイニングカー

2005年4月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部