ガイドブック編集部 > 特集 >  ヨーロッパ、夏列車の旅。 > この夏、厳選7ライン > バルセロナから地中海(スペイン)

ヨーロッパ、夏列車の旅この夏、厳選7ラインEスペインバルセロナから地中海に沿って ビーチリゾート&グルメの旅

地中海に沿って走る国鉄近郊列車セルカニアス

地中海に沿って走る国鉄近郊列車セルカニアス

7月に入るとスペインは夏本番。この時期は早めに仕事を終える会社も多く、日の長い午後、スペイン人たちは思い思いに余暇を楽しむ。そんな中、地中海にのぞむバルセロナでの人気の過ごし方といえば、やはりビーチでの日光浴。特に週末ともなると、バルセロナっ子やヨーロッパ各国からのバカンス客で海辺は大にぎわいだ。夏にバルセロナを訪れるなら、ローカル列車に乗って、地中海の光と風を感じる小旅行に出かけてみよう。

写真=岩間幸司、有賀正博
文=中田瑞穂(シエスタ)

スペインで最も古い鉄道路線

バルセロナへの通勤・通学の足としても使われるセルカニアスの車両。空調完備なので暑い夏でも快適

バルセロナへの通勤・通学の足としても使われるセルカニアスの車両。空調完備なので暑い夏でも快適

コスタ・ダル・マレスマの玄関口、マタロ駅。ヤシの木が茂り、リゾート地らしいたたずまいだ

コスタ・ダル・マレスマの玄関口、マタロ駅。ヤシの木が茂り、リゾート地らしいたたずまいだ

バルセロナ近郊には人気のビーチリゾートがいくつもあるが、ここで紹介するのはバルセロナの北東に位置する「コスタ・ダル・マレスマ」。バルセロナ市内からは、セルカニアスと呼ばれる国鉄近郊線C1のマンサネット・マサナスMancanet-Massanes方面行きに乗る。実はこの路線、スペインで最も古く、その歴史は1848年にバルセロナ〜マタロMataro間が開通したことにさかのぼる。1861年にはコスタ・ダル・マレスマの中心であるカレーリャCalellaまで路線が延び、バルセロナから大勢の行楽客が訪れるようになった。いわばコスタ・ダル・マレスマは、鉄道とともに発展してきたビーチリゾートなのだ。

のんびり気ままに途中下車

サン・ポル・ダ・マルの海岸沿いを走る。線路の脇はすぐビーチだ

海水浴や日光浴を楽しむ人々でにぎわう、サン・ポル・ダ・マルのビーチ

乗車してしばらくは住宅街や工業地帯が続くが、モンガットMontgatを過ぎる頃から右手に青く輝く地中海が見えてくる。スペインで最初の鉄道路線が敷かれたマタロへはバルセロナ中心部から40分ほどで到着。コスタ・ダル・マレスマの中心カレーリャまではさらに30分ほどかかる。列車は海岸線に沿って走り、約40kmにわたって小さなビーチがいくつも続いているので、気に入った場所があれば下車してみるのもいい。どの駅もビーチに面しており、水着姿の女の子がそのまま列車に乗り込んでくることも。ただし、中にはトップレス専用ビーチもあるので、間違って紛れ込まないように注意しよう。

海を眺めながらグルメを満喫

カタルーニャの伝統料理、メルルーサとパン・コン・トマテを現代風にアレンジ

スペインを代表する女性シェフ、カルマ・ルスカイエーダさんと子息のラウールさん

コスタ・ダル・マレスマに行ったらぜひ訪れてみたいのが、カレーリャのひと駅手前、サン・ポル・ダ・マルSant Pol de Marにある「サン・パウSant Pau」。2004年に東京・日本橋に2号店をオープンし、グルメの間で評判になっているレストランだ。サン・ポル・ダ・マル出身のカルマさんは、ミシュランの2つ星を獲得している、今スペインで最も注目される女性シェフ。地元でとれる最高の素材を用い、カタルーニャの伝統に新しい感性をプラスした独創的な料理を、地中海を眺めながらじっくりと味わってみたい。

■DATA

■サン・ポル・ダ・マルへの行き方
バルセロナのサンツ駅、カタルーニャ広場駅などから国鉄近郊線セルカニアスC1に乗り、所要約1時間。ほぼ15〜30分おきに運行。

■サン・パウ(要予約)
住所:C/Nou 10, Sant Pol de Mar
TEL:937 600 662
URL:www.santpau.jp
営業:13:30〜15:30、21:00〜23:00
休み:月曜、木曜の昼、日曜の夜、5月の最初の3週間、11月


2005年07月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部