繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮   >  機内で使いたいスグレモノ図鑑  > 機内を快適空間に変える お役立ちGOODS > 機内環境は想像以上にキビシイ!
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


機内環境は想像以上にキビシイ!

2000m級の山頂と同じ気圧!

機内の気圧は、与圧装置(気圧を調整する装置)の働きによって、0.8気圧に保たれている。これは、標高2000〜2500mの山と同様の環境で、機内の空気中の酸素圧力は地上の約80%。機内では、離陸後の上昇時と着陸前の下降時の15〜30分間に大きな気圧変化が発生する。

常につきまとう不愉快な騒音!

ジェットエンジンの音や風切音のため、機内は中低音の騒音につつまれる。この音が気になるという人も多いことだろう。

砂漠並みの湿度!

機内の湿度は、20%以下となる。人間にとって快適な湿度は40〜70%といわれており、機内は砂漠と同じくらい乾いていることになる。気温は、エアコンによって22〜26℃程度に保たれており、換気は1時間に4回ほど行われている。

自由に動けないストレス!

乗客は長時間にわたってシートに拘束される。座席はやや高めの構造となっており、太ももの先端部が圧迫された状態になる。トイレに立つ以外、座ったままという状態はかなりのストレスを伴う。

2005年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部