繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  機内で使いたいスグレモノ図鑑  > 機内を快適空間に変える お役立ちGOODS > 機内快適GOODS図鑑 【気圧変化】気圧変化に備えるスグレモノ
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


機内快適GOODS図鑑

【気圧変化】気圧変化に備えるスグレモノ

イアー・ウィスパーの耳栓『サイレンシア・フライト』

飛行機搭乗時、離着陸の際に気圧が急激に変動することにより起こる鼓膜や耳の痛み・不快感を効果的に軽減する耳栓。特に機内の気圧変化が大きい離陸後の上昇時、着陸前の下降時に15〜30分間程度着用すると最も効果的。防音効果も高く、繰り返し使用も可能。1組入り、携帯ケース付き。

ココがすごい!
イアー・ウィスパーの耳栓『サイレンシア・フライト』

発売元/日本シイベルヘグナー
価格/2,079円
http://www.nshcgj.jp
Amazonで購入する


知っておきたい体調管理の裏技2/
機内気圧変化とその対応

耳が痛くなるのを防ぐ方法として、鼻をつまんで息を吐くバルザルバ法(いわゆる耳抜き)がよく紹介されていますが、高齢者や子供などが無理に行うと、内耳傷害(めまい、難聴)を起こすことがあります。そこで最近では、つばを飲む、ガムを噛むなどのマイルドな方法を勧めるようになっています。子供なら話をしているだけでも効果があるんですよ。耳が痛くならないようにするためには、鼓膜の内側と外側の気圧が同じになるように通気してあげればいいのですが、耳管というのは自分では動かないんです。顔の表情筋が動くことで、耳管が動き、圧が調節される。だからガムを噛んだり話をすることが効果的なのです。どうしても体質的に痛くなりやすい人、毎回なる人は耳管の通気孔の治療がありますから耳鼻科を受診して検討してください。鼻炎や風邪の治療をしておくのも大切です。

(取材協力:日本旅行医学会専務理事 篠塚規先生)

2005年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部