ガイドブック編集部 > 特集 >  機内で使いたいスグレモノ図鑑  > 機内便利空間演出 お役立ちGOODS

機内便利空間演出 お役立ちGOODS

機内環境を自分なりの快適空間に変えたら、次は便利空間を作り出すことも考えてみよう。空の旅が楽しくなること請け合いだ。快適GOODSに引き続き、地球の歩き方スタッフが集めてきた、便利空間を作るお役立ちGOODSを紹介しよう。

工夫をすることが便利空間作りの第一歩

機内では指定された座席が自分の領分となる。したがって非常に窮屈な空間しか持つことができないのが実情である。自分の身の置き場を除いたら、ほとんど余裕なんていうものはないと考えたほうがいい。そこで「食べて、寝て、楽しむ」わけだ。工夫しなければ何もできないのが現実だ。

狭い/たとえばジャンボ機のエコノミークラスの場合、シートピッチ(座席と座席の前後の間隔)は、90cmもない。

狭い/たとえばジャンボ機のエコノミークラスの場合、シートピッチ(座席と座席の前後の間隔)は、90cmもない。

暗い/長距離のフライトの場合、眠りやすいように機内の照明が落とされる。

暗い/長距離のフライトの場合、眠りやすいように機内の照明が落とされる。


便利GOODSの4つのキーワード

長時間のフライトの場合「食べる、眠る」だけでなく、「楽しむ」ための工夫もしたい。それには下記の4つのキーワードを考慮して便利GOODSを買い求めてみるといい。

それでは、地球の歩き方スタッフが見つけてきた便利GOODSを紹介しよう。


2005年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部