ガイドブック編集部 > 特集 >  海外旅行 デジタルカメラ活用法

海外旅行デジタルカメラ活用法

海外旅行では写真を撮ることも大きな楽しみのひとつです。現在は高機能のコンパクトなデジタルカメラが2万円〜3万円という価格で購入できるようになりましたので、デジタルカメラを海外に持っていく方も多いことでしょう。

今回は、携帯に便利なコンパクトタイプのデジタルカメラを海外で使うときのコツや撮影時のヒント、注意点などについてご紹介します。

デジタルカメラ利用のメリット・デメリット

メリット
撮影結果がその場で確認できる
フィルムがいらない
ひとコマごとに設定ができる
ホワイトバランス調整可能
被写界深度が深い
プリントの仕上がりが一定
デメリット
頻繁に充電する必要がある
撮影データの保存が必要
ボケを演出できない
シャッターラグがある
デジタルカメラ利用のメリット・デメリット

デジタルカメラの得意なシーン、苦手なシーン

得意なシーン
風景写真
料理の写真
乗り物の中から窓越しの撮影
苦手なシーン
夜景
動く被写体
デジタルカメラの得意なシーン、苦手なシーン

シーン別撮影ポイント

夜景・夕景の写し方
食事を撮る
教会の中
乗り物からの撮影
建物内での撮影
シーン別撮影ポイント

仕上がりが違うワンポイント撮影テクニック

ハレ切り
ホワイトバランスの調整
日中シンクロ(ストロボの使用)
支えを利用して撮影
コラム〜手振れに強いカメラがある!

撮影に便利な小物

ミニ三脚
レフ板
ストレージャー
延長コード

海外で使う際に注意すべきこと

機材の持ち運び方
撮った画像はどう保存?
バッテリの充電
地域によっては貴重品。持ち歩きに注意!
コラム〜デジカメ撮影はバックアップが命

ユースフル・ヒント

メモ代わりに使おう
ビデオ記録も積極的に

 


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部