新登録を一挙解説!世界遺産の旅2005
 
ヨーロッパ Part1
ヨーロッパ Part2
中近東・アフリカ
 
アジア
北・中・南米
MOOK 世界遺産紹介
トピックス〜早稲田大学古代エジプト調査隊、未盗掘、完全封印されたミイラ発見!

テルとは遺跡丘を意味し、先史時代の住居跡や都市遺跡などが何層にも重なった丘を指す。ハルマゲドンの語源にもなったメギッドは、エズレル平野に位置しており、古い時代の遺跡が20層も重なっている。「ヨシュア記」に出てくるハツォールはガリラヤ湖の北側にある。テル・アル・カダフとも呼ばれている遺跡で、その歴史は青銅器時代にまでさかのぼる。
イスラエルの「メギッド、ハツォール、ベエル・シェヴァの聖書ゆかりのテル(遺跡丘)」
遺跡にはアクロポリスと下の町があり、最盛期は紀元前1750年頃、紀元前9世紀でもイスラエル屈指の城塞都市だった。ベエル・シェヴァも旧約聖書にも登場する古い町だが、テルは現在の町から7kmほど離れた場所にあり、旧約聖書の時代の壁や水路跡も発見されている。
▲このページのトップへ
 
紀元前2世紀から紀元2世紀にかけ、通商ルートを押さえることで莫大な富を手中にしたのが隊商都市ペトラを中心に栄えたナバテア王国。南アラビアで採れる乳香や没薬(芳香性のあるゴム樹脂)など、黄金に匹敵する価値をもつ高額商品を地中海沿岸に運んでいた。その際に経由したのが、ハルツァ、マムシット、アヴダット、シブタといったネゲヴ砂漠の町々である。ナバテア人は優れた灌漑技術をもち、農耕を行っていた。アヴダットの遺跡からはナバテア人の墓や陶器などが出土している。
ネゲヴ砂漠にポツンとあるアヴダット遺跡
▲このページのトップへ
 
首都テヘランの東、ザンジャーン州にあるソルターニーイェは、13〜14世紀にイラン一帯を支配したモンゴル系の王朝イル・ハーン朝の都があった町。町のシンボルはウルジャーイトゥー・ハーン(位1304〜16)の廟だ。存命中の1307年から6年の歳月を費やして造られたこの廟は、青いタイルで覆われた高さ50mのドームを戴き、8本の尖塔が周囲を固めている。外側と内側の二重構造になっているドーム建築の例ではイラン最初のものとされており、内部の装飾も精緻を極めている。イル・ハーン朝時代にはイラン各地にモスクや霊廟、修道場が建築されたが、ウルジャーイトゥー・ハーン廟はこの時代を代表する傑作である。
▲このページのトップへ
 
ワディ・イル・ヒタンはエジプト西部に広がる西方砂漠にあり、カイロとバフレイヤ・オアシスを結ぶ幹線道路から約35kmほど砂漠に入ったところにある。このあたり一帯からはクジラの化石が多く出土することからこの名前が付けられた。このクジラはゼウグロドンと呼ばれ、20mを超えるその細長い体から発掘当初は恐竜の仲間と考えられ、バシロサウルスと名付けられた。ゼウグロドンは始新世後期から約3800万年前まで棲息していた古代生物で、現在のクジラの祖先(ムカシクジラ類)にあたる。陸生哺乳類から海生哺乳類へと進化する過程の特徴をいくつももっており、噴気孔や鼻孔の位置、泳ぎ方などが現代のクジラと異なっている。
クジラの骨の化石が転がるワディ・イル・ヒタン
→関連記事
http://www.arukikata.co.jp/news/ staff_note/6.html#0
▲このページのトップへ
 
ヨルバ族が多く住んでいるオソグボは、ナイジェリア南西部にある人口約35万人の町で、オスン州の州都。オソグボの町外れにある原生林は、豊饒の女神で川の女神でもあるオスン(オチュン)が住まう森としてヨルバ族から神聖視されてきた場所でヨルバ族の象徴ともいわれている。ヨルバ族の伝説によれば、オソグボに最初にやってきた狩人は、女神オスンの周りでは狩りをしないかわりに外部の部族から守ってもらい、この地に住み始めたという。この故事を記念し、毎年7月末〜8月にオスン祭が催されている。
▲このページのトップへ
 
バーレーンはペルシア湾に浮かぶ小さな島国だが、古代にはこの島はディルムンと呼ばれ、メソポタミア文明とインダス文明を結ぶ重要な交易拠点だった。ギルガメッシュの叙事詩によればディルムンは聖なる島として描かれている。カルアト・アル・バフラインは、古代バーレーンの都があった所で、紀元前2300年から17世紀まで、4000年にもわたって、幾層もの遺跡が重なっており、未だ4分の1程度しか発掘が進んでいない。シュメール時代の楔形文字の碑文から17世紀にポルトガルによって造られた城壁も確認されている。
きちんと整備されたカルアト・アル・バフライン遺跡
▲このページのトップへ
 
ヨハネスブルクの南西120kmに位置する巨大な隕石痕。形成年代は20億2300年前とされ、その直径は190km。現在発見されているなかで、最古かつ最大の隕石痕であり、形成当時の直径は300km近くあったとされる。隕石衝突時の衝撃はすさまじく、70km3の岩が一瞬にして蒸発し、溶けた岩石が裂け目に流れ込み、花崗岩の岩脈を形作ったという。長い年月の間に風化が進み、クレーターのようにはっきりとその痕跡が残っているわけではないが、環状構造になっており、中心にフレーデフォート・ドームがある。
▲このページのトップへ
<<  新登録「ヨーロッパ Part2」へ 新登録「アジア」へ >>

地球の歩き方MOOK
世界遺産 IV

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer