地球の歩き方ガイドブックトップ > 新登録を一挙解説!世界遺産の旅2005 > 早稲田大学古代エジプト調査隊、未盗掘、完全封印されたミイラ発見!
新登録を一挙解説!世界遺産の旅2005
 
ヨーロッパ Part1
ヨーロッパ Part2
中近東・アフリカ
アジア
北・中・南米
MOOK 世界遺産紹介
南米の世界遺産 その1
南米の世界遺産 その2
トピックス〜早稲田大学古代エジプト調査隊、未盗掘、完全封印されたミイラ発見!

2005年1月、エジプトのダハシュール北遺跡を発掘調査していた第10次早稲田大学古代エジプト調査隊は、約3800年前とみられる未盗掘の墓から彩色木棺に納められたミイラを発掘した。「完全に封印されたまま見つかった木棺としては最古級で学術的価値は高い」(吉村教授)という大発見。
発見された棺。ミイラはセヌウという行政官
本誌では、発見に至るまでの調査活動や、古代エジプトの魅力について隊長の吉村作治教授に語っていただいている。エジプトでの調査開始から40年、考古学ファン必見のミニ特集を一部紹介!
▲このページのトップへ


地球の歩き方MOOK
世界遺産 IV

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer