繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮   >  ハッピー・チャイニーズ・ニューイヤー 2006 > 香港 旧正月イベント情報
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


旧正月イベント情報
シンガポール

花火と光の競演! 100万ドルの夜景が一段とパワーアップ

2005年のエンディングから2006年春節にかけて、 香港とシンガポールでは多彩なイベントが開かれる。 花火やパレードで華やいだ表情を見せる街を歩くのは心弾むもの。 いつもよりいっそう輝きを増した、ふたつの街を訪ねてみよう。

香港 HONG KONG
花火やパレードも楽しみだけど、
イチオシはエキサイティングなバーゲン!

イベントカレンダー

■ウィンター・フェスタ
〜2006/1/2
■シンフォニー・オブ・ライツ ギネスブック認定「世界最大の光と音のショー」
毎日20時〜(13分間)
■ニューイヤーズ・イブ・カウントダウン・カーニバル 
12/31
■チャイニーズ・ニュー・イヤー・パレード 
2006/1/29
■コーズウェイベイのビクトリア公園での花市
2006/1/28(大晦日)まで10日間ほど
桃の花は「繁栄と富」。みかんは「大吉大利」、菊は「幸福」象徴するため人気がある。
■旧正月大花火大会
2006/1/30(旧正月2日) ビクトリア・ハーバー
■バーゲン
12月中旬くらいからデパートをはじめ、ほとんどの店でセールがスタート。最初は30%オフ程度だが、50%、70%と旧正月まで割引率が上がっていく。
※旧正月中の3日間は休業する店が多いので要注意。新暦の元日はオープン。
華やかなパレードは見逃せない

左)華やかなパレードは見逃せない

右)花市には縁起の良い花たちが並ぶ

花市には縁起の良い花たちが並ぶ

香港の旧正月、家庭における過ごし方

縁起の良い食べ物を家族揃って食べる

旧正月前は大掃除をしたり、新しい衣類を購入したり、借金を清算したりと日本の師走と似た雰囲気がある。大晦日の晩は、別居している家族も両親の元にもどって先祖の魂を含む家族全員がそろって食事をする。食事は、日本のおせち料理のように縁起の良い食べ物が並ぶ。代表的なメニューは、モズクに似た海草である髪菜と牡蠣の料理「髪菜鼓」だが、これは「發財好市(お金が儲かり、景気が好い)」と同じ「ファッチョウホウシー」という発音があるため。夕食後は、ビクトリア公園の花市へ行き、にぎやかに過ごす。

明けて旧正月1日目は新しい服を身につけて、家族と共に先祖を祭って静かに過ごす。そして、新年の運勢を伺うために寺院に初詣に出かける。新年3日目は家で過ごす。この日は赤口にあたり、喧嘩になりやすい日なので外出しないで家にいるのだ。そのほかの旧正月の日は、友人や親戚を訪れる。旧正月のお祭りは15日間続き、15日目の夜は元宵節と呼ばれるお祭りで1年で最初の満月の夜にあたる。

■香港政府観光局からのメッセージ

黄大仙廟(ウォンタイシンミュウ)での占いや、車公廟(チェコンミュウ)での初詣などお寺めぐりがおすすめです。ホテルの中華レストランでは、旧正月ならではのスペシャルメニューが登場します。また、冬は豆苗(トウミョウ)という野菜がとてもおいしい季節。ぜひ味わってみてみてください。火鍋も冬の風物詩。カラダがあったまりますよ。夕食の後は、きらめく街のイルミネーションを楽しんでください。

取材・写真協力
▼香港政府観光局
URL:www.discoverhongkong.com/jpn

2005年12月

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲



ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部