ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 > 韓国ドラマ旅 PART1〜ヨン様最新映画『四月の雪』 > 『四月の雪』のロケ地 三陟(サムチョク)

『四月の雪』のロケ地 三陟(サムチョク)

三陟市は、『冬のソナタ』で有名となった春川市と同じ江原道(カンウォンド)にある人口約76,000人の風光明媚な東海(日本では日本海)沿いの町です。ソウルからは約300km離れているのですが、車で約3時間半〜4時間ということで、ぎりぎり日帰り圏内にあります。

今年2月4日にクランクインした映画『四月の雪(原題:外出)』の撮影は、6月18日、ペ・ヨンジュン演じるインスが、雪の高速道路を車で走るシーンでクランクアップしました。

撮影開始と同時にヨン様ファンが三陟市に集まり始め、その90%近くが日本人ファンで占められていたといいます。5月の1ヶ月間だけでも日本人観光客が5,000人近く訪れ、ロケ地の一つであり、主演のペ・ヨンジュン、ソン・イェジンが撮影中宿泊したホテル「パレスホテル」にも連日ファンが殺到。それまで日本語のできるスタッフがいなかったこのホテルに、日本語のできるスタッフが臨時採用されるなど、ホテルの中も慌しく変化しました。撮影終了後、集まっていたファンはいなくなったそうですが、映画公開後の観光客の訪問を心待ちにしている三陟の町の人たちの姿が印象的でした。

『四月の雪』のために用意された
巨大セットのような町「三陟」

『四月の雪』の製作チームは、「実在する見知らぬ町」を探し、ロケ地を三陟に決めるまで、韓国全土の町と病院を見てまわったそうです。ホ・ジノ監督は、三陟のことを「映画のために用意された巨大なセットのようだ」と誉めたといいますが、複雑な構造の古い病院、病院の隣にある小さなモーテル、柱のないまま建てられた古いカフェ、モーテル近くの竹西楼(チュクソル)など、この町には本当に製作陣が思い描いていたとおりの場所が実在しています。

ファーストシーンで2人の主人公(インスとソヨン)が出会う「三陟医療院」を中心に、「サムフンモーテル」、「自転車泥棒カフェ」、「ソマン薬局」、「花屋ナリ」など、徒歩圏内(半径1km以内)に主要ロケ地が点在しています。また、これらの場所から車で10分ほどの海沿いには、インスとソヨンのラブシーンが撮影された「パレスホテル」、2人が初めて心を開いてお酒を飲むシーンが撮影された「パレス刺身屋」があります。

残念だったのは、3月の公開撮影に使われた「竹西楼(チュクソル)」が出てこなかったこと。ここでは主人公の2人が散歩をしながら手を握り合うシーンなどが撮影されていたのですが、なぜか完成した映画にはいつまでたっても出てきませんでした。「竹西楼」は三陟の名勝地のひとつで、朝鮮時代前期に接待と饗宴の場所として使われていた歴史的にも有名な場所です。どうして出てこなかったのか、美しい場所なだけにその理由を、記者会見で監督に聞いてみたいと思ったくらいです。

●自転車泥棒カフェ
住所:江原道三陟市城内洞5-2-2F
TEL:033-574-3181 営業時間:11:00〜24:00
●竹西楼(チュクソル)
住所:江原道三陟市城内洞9-3 TEL:033-570-3670

主人公2人が滞在した
「サムフンモーテル」も観光客に公開中

「三陟医療院」に関しては、撮影時に医療院内にセットを組んで撮影したということなので、中の様子は映画とは少々違っていますけれど、「サムフンモーテル」と「自転車泥棒カフェ」は映画そのまま。特にサムフンモーテルの廊下やインスの部屋(205号室)、ソヨンの部屋(210号室)は映画でよく出てきた場所ですので、要注目です。

モーテルのオーナーによると、この映画の撮影のために125日間もモーテルを休業して全面的に協力したそうで、現在205号室と210号室を観光客にはロケ地として公開しています。

またこのモーテルの駐車場では、インス役のペ・ヨンジュンが雪球を投げるシーンが撮影されています。映像の後ろに写っている日本家屋にもぜひ注目してください。この家は今では少なくなってしまった日帝時代に建てられた古いものだそうです。

●サムフンモーテル

住所:江原道三陟市城内洞1-1 TEL:033-574-2121〜3 FAX:033-574-8123 全39室

『四月の雪』の冒頭シーンで登場する三陟医療院は、江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)市にある。ソウルからは車で約4時間。三陟市は韓国北東部に位置する海辺の町

『四月の雪』の冒頭シーンで登場する三陟医療院は、江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)市にある。ソウルからは車で約4時間。三陟市は韓国北東部に位置する海辺の町

「サムフンモーテル」の向かい側にあるカフェ&バー「自転車泥棒カフェ」。撮影は6回ほど行なわれたが映画に出てくるのは2回

「サムフンモーテル」の向かい側にあるカフェ&バー「自転車泥棒カフェ」。撮影は6回ほど行なわれたが映画に出てくるのは2回

「自転車泥棒カフェ」の内部。
                      主人公2人が互いの伴侶が不倫関係にあったことを知るシーンで登場。使われた席は窓際で、向かって左側にペ・ヨンジュン、右側にソン・イェジンが座った

「自転車泥棒カフェ」の内部。 主人公2人が互いの伴侶が不倫関係にあったことを知るシーンで登場。使われた席は窓際で、向かって左側にペ・ヨンジュン、右側にソン・イェジンが座った

3月の公開撮影で使われた竹西楼(チュクソル)。映画の中には登場しないが三陟を訪れた際にはぜひ行っておきたい三陟の歴史的な名勝地

3月の公開撮影で使われた竹西楼(チュクソル)。映画の中には登場しないが三陟を訪れた際にはぜひ行っておきたい三陟の歴史的な名勝地

映画では主人公2人が宿泊したことになっているが、撮影中、主演俳優や監督以外のスタッフのほとんどが「サムフンモーテル」に泊まっていた

映画では主人公2人が宿泊したことになっているが、撮影中、主演俳優や監督以外のスタッフのほとんどが「サムフンモーテル」に泊まっていた

『四月の雪』の主人公、インス(ぺ・ヨンジュン)とソヨン(ソン・イェジン)が伴侶の看病のために宿泊したのが「サムフンモーテル」。写真の部屋は205号室

『四月の雪』の主人公、インス(ぺ・ヨンジュン)とソヨン(ソン・イェジン)が伴侶の看病のために宿泊したのが「サムフンモーテル」。写真の部屋は205号室

「サムフンモーテル」の裏手にある駐車場。金網の向こうに見えるのが日帝時代に建てられた古い日本家屋

「サムフンモーテル」の裏手にある駐車場。金網の向こうに見えるのが日帝時代に建てられた古い日本家屋

2005年09月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部