2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2011年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2011年2月
2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2010年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2010年1月
2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2009年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2009年1月
2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2008年1月
2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング 2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング
2007年2月
エアライン・ランキング2005 発表! エアライン・ランキング2005 発表!
2006年1月
エアライン・
ランキング2005
発表!
 

安全性・信頼性部門

マイレージプログラム重要視派が前回より増加
利用するエアラインを選ぶとき、何を選択基準にし、優先するポイントはどこにあるのか。
前回調査と比較すると「利用者特典を重要視する」が6位から4位にランクアップしており、マイレージプログラムを優先してエアラインを選んでいる人が増えていることを物語っている。
8項目それぞれのランキングを発表、その結果を分析した。
航空会社を選択する際、重要視するポイント
2005年 2001年
1 安全信頼性 1
2 経済性 2
3 利便性 3
4 利用者特典 6
5 機材・設備の快適性 4
6 接客態度・サービス 5
7 機内食 7
8 エンターテインメント 8
▲「安全性・信頼性部門 - 項目別ランキング」のトップへ
安全・信頼性部門順位表(1〜10位)

安全性・信頼性部門

新しい機材を導入する姿勢を高く評価

利用する航空会社を決める際、何を基準とするか、という問いに「安全性・信頼性」と答えた人がもっとも多かった。飛行機が公共交通機関である以上、これは当然の結果といえるが、2005年は航空機のトラブル関連のニュースが世間を騒がせた年でもあり、改めて空の旅の安全というものに関心を持たざるを得ない年だった。
この項目で1位となったシンガポール航空は、前回調査の2位からランクアップ。同社の最新鋭の機材とプロダクトを導入する姿勢が利用者から高く評価された結果といえるだろう。
2位のフィンランド航空は、前回10位から大きく順位を上げた。同社は、ドイツの航空専門誌『アエロ』において「世界で最も安全な航空会社」に選ばれており、その安全性の高さは広く知られるところ。
3位のヴァージン アトランティック航空は、前回10位以下から大躍進した。同社は、平均機齢が1年程度と業界の中でも飛び抜けて新しい機材を常に使用しているエアライン。機内食やエンターテインメントといった側面がクローズアップされがちだが、安全性が高い航空会社としても認知されつつある。
シンガポール航空は世界有数の平均機齢が若いエアライン
(写真は06年導入予定のA380)
ヨーロッパ航空協会の調査で定時発着率1位のフィンランド航空
▲「安全性・信頼性部門 - 項目別ランキング」のトップへ
 
<<  「KLMオランダ航空3位 - BEST3エアラインインタビュー」へ 「経済性・利便性部門 - 項目別ランキング」へ >>

2006年1月号


「地球の歩き方」ホームページの航空会社情報。
日本乗り入れ59社の基本情報やお得情報などをご覧いただけます。


地球の歩き方が選んだこだわりの機内快適グッズをご紹介します。


地球の歩き方エアライン★ランキング
おすすめ商品をもっと見る
spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer