地球の歩き方ガイドブックトップ > モーツァルトを知るためのウィーンお散歩ガイド > 〜クラシック音痴だって構わない、5分でわかるモーツァルト〜
モーツァルトを
知るための
ウィーンお散歩ガイド
 

まずはざっとモーツァルトの概略を知りたい! という方のために。1756年1月27日にザルツブルクに生まれ、1791年(35歳)12月にウィーンで死を迎えるまでどんなことがあったのでしょうか。
ヴォルフガング・
アマデウス・モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart
1756〜91

(c)ANTO/Gesellschaft der Musikfreunde
▲このページのトップへ
天才モーツァルトの誕生
今から250年前、ザルツブルクで生まれたモーツァルトは、宮廷音楽家だった父レオポルトの手ほどきを受けている姉、ナンネルの弾くピアノ曲を聴いて4歳の頃から暗譜で弾けたという天才だった。父親がヴァイオリニストで作曲家でもあったので、幼い頃からヴァイオリンの基礎も教えこまれた。
ザルツブルクにあるモーツァルトの生家
(c)Tourismus Salzburg GmbH
▲このページのトップへ
旅生活の始まり
父に連れられて神童は5歳から19歳にわたってヨーロッパ中を、コンサートでまわっていた。
したがって、モーツァルトの才能と感性は旅によって磨かれたと言ってもいい。
一方で、長い間馬車に揺られての移動の日々が続いたために、身体の健康と発育は損なわれてしまった。モーツァルトが生涯小柄のままであったのはこのためだと言われている。
 
ザンクト・ギンゲンにある幼いモーツァルトの記念碑
(c)ANTO/Storto
▲このページのトップへ
ウィーンへの演奏旅行
演奏旅行の際、親子はウィーンのシェーンブルン宮殿を訪れた。かのマリア・テレジアからも賞賛を得た御前演奏の後、宮殿の床に足を滑らせて転んだ6歳のモーツァルト。彼を起こしてくれたのが、当時7歳のマリー・アントワネットだった。この小さな皇女に感謝する意味で 「大きくなったらボクのお嫁さんにしてあげる。」 と言った有名なエピソードは、ここで生まれた。
▲このページのトップへ
母親の死と失恋
21歳の青年モーツァルトは、16歳のアロイジア・ウェーバーに恋をした。アロイジアを連れてイタリアへ行く計画を練ったものの、職もないモーツァルトは父の命令でパリへ行かされる。

しかし、旅の途中にお目付け役だった母親が過労で亡くなり、さらに恋人からは求婚を断られ、失意のなか故郷ザルツブルクへ戻ることとなった。
「ザルツブルクの旧市街」
(c)Tourismus Salzburg GmbH
▲このページのトップへ
ザルツブルク宮廷との決別
ザルツブルク生活に戻ったモーツァルトはさまざまな鬱憤を抱えていた。父の監視にも嫌気がさしていたし、ザルツブルクでの音楽環境にも限界を感じていた。雇い主のザルツブルク大司教との関係もうまくいかず、1781年(25歳)、ザルツブルク宮廷から追い出されるような形でウィーンへ飛び出した。
同年、かつての恋人(アロイジア・ウェーバー)の妹でソプラノ歌手でもあるコンスタンツェと、周囲の反対を押し切ってシュテファン寺院で結婚した。
1784年には、秘密結社「フリーメイソン」 に入り、「兄弟みな平等である」 を唱える。後にハイドンも父レオポルドも彼のすすめで入会している。
ウィーンのシュテファン寺院
▲このページのトップへ
『フィガロの結婚』と『ドン・ジョヴァンニ』
独立して5年目の1786年(30歳)、ボーマルシェの原作でダ・ポンテの台本『フィガロの結婚』をドームガッセ5番地のモーツァルトハウスで作曲した。貴族を思う存分こきおろしたオペラは、一般市民に受けに受けて莫大な金が転がり込んできたが、すぐになくなっていく。
プラハにあるモーツァルト記念館にて
賭博も原因のひとつかもしれないが、6度にわたる出産費用、数ヵ月で亡くなってしまった4人の子供の葬儀費用、病弱だったコンスタンツェの湯治旅行、度重なる引越し・・・・・・ということもあげられよう。
次のヒット作は『ドン・ジョヴァンニ』。これもまた、貴族が悪行を重ねすぎて最後に地獄へ落ちるという話を描いたものだった。ウィーンでは上演許可がおりなかったため、プラハへ持っていったところ大当たりした。
▲このページのトップへ
『レクイエム』の作曲と死
1787年(31歳)の父レオポルトの死後、1791年(35歳)には最悪の健康状態のなか、『魔笛』のヒットを生み出す。
その後、謎の匿名男からの『レクイエム』の作曲依頼が舞い込む。実はこの男、ヴァルゼック伯爵という貴族で、愛妻の一周忌に自分が作曲したと偽ってこの曲を発表することをたくらんでいた。前金がかなり高額だったために即引き受けたのだが、健康を損なわれていたモーツァルトにとって、まさに命取りになってしまった。
とうとう病床にふしたまま、自らこの曲を完成させられないことを悟り、死に近い床で弟子のジュースマイヤーに続きを託した。
1791年(35歳)12月、お気に入りだった『魔笛』のパパゲーノのアリアを歌ってもらっている最中、現在、デパート「シュテッフェル」のある番地で帰らぬ人となったのである。
『魔笛』『レクイエム』を聴いてみる(試聴コーナーへ) >>
▲このページのトップへ
<< 特集のTOPへ モーツアルトの足跡をたどる
ウィーンお散歩コース >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer