もう一歩先の
アジアン・リゾートへ!
アジアン・リゾートの
楽しみ方
 

水上からマーライオンを眺められるのが新鮮!
水陸両用の軍事用車両を改装した「ダック号」に乗りこみ、いざ出発!マーライオン公園や最高裁判所、セント・アンドリュース教会など市内中心部のおもな観光スポットを、海上から陸上から、見て周るミニツアー(約1時間)だ。
ドッドッドッ……とコミカルなエンジン音とともにサンテックシティ1階の発着所を出発して、数分車道を走ると、ベンジャミン・シアーズ橋の袂の河岸から、ざっぶ〜んと進水。心地よい海風を受けながらマリーナ・ベイをぐるりと回り、イガイガのドリアン屋根で有名な「エスプラネード・シアターズ」や、おなじみ「マーライオン」、富裕層しか住めない湾岸のコンドミニアム群などを英語ガイドさんの説明を聞きながら眺められる。

 
左上)


右上)

左)
船底に車輪がついているのが水陸両用の証。ダックの表情がユニーク!
河岸から、いよいよ進水。おー、浮いてる浮いてる!
マーライオンがこっちへ向けて水を噴く姿は、水上ならではのアングル
▲このページのトップへ
世界各国からの観光客も和気あいあい
車内では常に、このガイドさんが盛り上げてくれる。すべての乗客1人ひとりへの挨拶と握手に始まり、ダックのクチバシ形をしたホイッスルを賭けたクイズ大会、おしぼりやミネラルウォーターのサービスまで、何しろお客さんを飽きさせない。この日乗り合わせた、香港・韓国など近隣アジアから、遠くイギリス・オランダなどヨーロッパまで、様々な国のお客さん同士も打ち解けあい、車内は和気藹々となった。
テーマパークのアトラクションのような、欧米人旅行客には大人気のこのツアーだが、英語ガイドだけのせいか日本人客はいまいち少ない様子でもったいない。言葉があまりわからなくても、きっと楽しめるはずなので、是非ご乗車(船?)を!

彼がこのダック号のエンターテイナー   いがいが屋根のエスプラナード・シアターズも水上からどうぞ
■データ
シンガポール・ダックツアー
http://www.ducktours.com.sg/
電話:+65-6333-3825
チケットカウンター場所:サンテックシティモール(ギャレリア)
カウンター営業時間:毎日9:30-19:00
ツアー出発時刻:10:00〜1時間毎
料金:大人S$33.00、子供(4〜12歳)S$17:00、3歳以下は無料
※座席数に限りがあるので事前予約
(電話またはメール)が望ましい
ツアーの申し込みは、このチケットカウンターで
▲このページのトップへ
<<  「シンガポール その2」へ 「シンガポール その4」へ >>

2006年5月号

アジアン・リゾートを
楽しむためのガイドブック

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer