繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 > 地球はすごい! 感動の絶景 厳選26 > 厳選3/アラスカ(アメリカ)
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


厳選3/アラスカ(アメリカ)

アラスカ

※地図をクリックすると拡大表示します。

写真・文/小出雅敏

北米最高峰マッキンリー山
デナリ国立公園ワンダー・レイク

マッキンリー山が最も美しく見える場所は、デナリ公園西のワンダー・レイク周辺からの展望だろう。 140kmの道のりをほこりまみれになりバスに揺られ半日、やっとワンダー・レイクに到着する。だが極北の天気は不安定でなかなかその美しい姿を見せてくれない。シーズン中、その雄大なマッキンリー山を見られる人は、本当にラッキーだ。昨年は、アラスカ中を大規模な山火事が襲いほとんどその姿を見せてくれなかった。

その雄姿を見るためには、日帰りでは難しい。実際、天候が悪くて見られずに帰る人も少なくはないのだ。後ろ髪を引かれる思いで帰途につく観光客を後目に、私はワンダー・レイクにあるキャンプ場に何日も滞在して、マッキンリーの姿を待つ。テントの中で張り付きになり、読書の日々を送ったことも何度もあった。 晴れ間を待ち続けマッキンリー山の絶景を見ることができた時は言葉では言い表せないくらい、感動した。

北米大陸最高峰のマッキンリー山(標高6194m)があるデナリ国立公園は、四国と同じくらいの広さがあり、手付かずの大自然が多く残さている。シャトルバスの車窓からも、グリズリーやカリブーなどの野生動物や色鮮やかな高山植物などを見ることができるほどだ。だが訪れる人が一番見たいのは、やはり雄大なマッキンリー山の姿ではないだろうか。

●デナリ国立公園

http://www.nps.gov/dena (英語)

【アクセス】
アメリカ本土を経由して14〜15時間。シアトルからアンカレジまで飛行機で3時間。アンカレジからデナリ国立公園を経由してフェアバンクスを結ぶアラスカ鉄道が夏期なら1日1便出る。
【ツアー情報】
国立公園の入口はライリー・クリーク。そこからはシャトルバスや各種ツアーで公園内に行く。アンカレジやフェアバンクス発のツアーもある。
2006年6月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部