ガイドブック編集部 > 特集 > 地球はすごい! 感動の絶景 厳選26 > 厳選5/カナディアン・ロッキー(カナダ)

厳選5/カナディアン・ロッキー(カナダ)


※地図をクリックすると拡大表示します。

写真/グルーポ・ピコ 文/田中健作

絵の具を溶かしたような不思議な色
空よりも青い湖・ペイトー湖

北米大陸を南北に貫くロッキー山脈は、北に行くほど険しく、そして美しくなるといわれている。 カナディアン・ロッキーは、そのロッキー山脈に位置する6つの自然公園からなる。面積2万3401平方kmという広大な園内は、見渡す限りの風景画の世界。岩肌をむき出しにした、険しい山々の連なるキャンバスに描かれるのは、鮮やかなグリーンの森、宝石のように散らばる湖と色とりどりの花々。
なかでも、いつかパンフレットで見たことのある、まじりけのない青い湖水を静かにたたえる湖は、僕の憧れの風景だった。

カナディアン・ロッキーの湖というと、ルイーズ湖やモレイン湖、エメラルド湖などが有名だが、名前すら付いていないものまで合わせると、それこそ星の数ほどある。どれも美しいが、なかでも、バンフ国立公園にあるペイトー湖には驚かされた。「空よりも青い湖」とは、あの湖をいうのだろう。

レイク・ルイーズからジャスパーへ続くハイウエイ93号沿い、アイスフィールド・パークウエイは、ダイナミックな景観が連続するカナディアン・ロッキー観光のハイライトとして知られている。ペイトー湖は、このアイスフィールド・パークウエイ沿いにある。ブルーの絵の具を溶かしたような湖水の色は不自然なまでの青さで、実際にこの目で見ても、どこか現実離れしているようだった。鏡のような湖面に周囲の山々が映り込む様子を眺めながら、何度もため息をついていたのを思い出す。

その後も何度かこの湖へ足を運んだが、ターコイズ・ブルーやグリーンがかった青など湖水の色を変え、毎回違う表情で迎えてくれる。今回はどんな表情で迎えてくれるか。僕にとって、これがロッキー取材の楽しみのひとつになっている。

●バンフ国立公園

http://www.pc.gc.ca/pn-np/ab/banff/index_e.asp(英語)

【アクセス】
公共の交通手段はない。バンフやレイク・ルイーズから出ているツアーやレンタカーのみアクセスできる。バンフへはカルガリーからバスで約2時間。バンクーバーからはカルガリーまで飛行機を利用して(所要1時間20分)、空港からバスを利用するのが一般的。
【ツアー情報】
バンフやレイク・ルイーズからアイスフィールド・パークウエイ、コロンビア大氷原の1日ツアーの途中で立ち寄る。ウオーキングツアーもある。
2006年6月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部