ガイドブック編集部 > 特集 > 地球はすごい! 感動の絶景 厳選26 > 厳選13/グレートバリアリーフ(オーストラリア)

厳選13/グレートバリアリーフ(オーストラリア)


※地図をクリックすると拡大表示します。

写真・文/伊藤伸平

上空からでも全容が見えない
珊瑚の創り出した大芸術

南北約2000km、総面積20万平方km(日本の本州にほぼ匹敵する面積)。グレートバリアリーフの巨大さを文字でこう表したところで、そのスケールを実感することはまずできない。何しろ全景は宇宙からしか見られないほど巨大なのだ。しかし、どうしてもグレートバリアリーフの大きさを感じ取ってみたかった。今からもう20年ほど前、僕はハミルトン島からヘリコプターに乗って、初めて空からグレートバリアリーフの一端をかいま見ることにした。

紺碧の洋上を飛ぶことおよそ20分。眼下にグレートバリアリーフが現れ始めた。パイロットの隣に座った僕の前に、本当にどこまで続くのか想像できないほど巨大な珊瑚礁帯が広がっている。珊瑚に守られたラグーンは鮮やかなコバルトブルーに輝き、珊瑚の固まりはさまざまな色でそのなかに模様を描く。その様子は、どこかアーティスティックでもある。また上空からは、ラグーン内にウミガメやエイ、サメなど大型海洋生物の姿も見つけることができた。

ヘリコプターからでさえ全容をつかめないほどの大きな珊瑚礁から、小さな点のような珊瑚礁、そして自然のいたずらなのかハート型をした珊瑚礁まで、さまざまな形、さまざまなスケールの珊瑚礁が延々と地平線の向こうまで繋がっていた。グレートバリアリーフはこうした珊瑚礁が大小2500あまり集まってでき上がったサンゴと魚たちの楽園だ。

僕が上空から見たのは、そのわずか1%にも満たないエリア。そこからでさえ、世界最大といわれる巨大さを感じ取ることができるのだった。

●グレートバリアリーフ海洋公園

http://www.gbrmpa.gov.au (英語)

●ツーリズム・トロピカルノースクイーンズランド

http://www.tropicalaustralia.jp(英語)

【アクセス】
日本からケアンズまで直行便で7時間。ハミルトン島まではケアンズ経由で約10時間、ブリスベン経由で約11時間。
【ツアー情報】
ケアンズなど起点となる町からグレートバリアリーフまでは、アウターリーフ・クルーズやダイビングクルーズを利用する。洋上ではシュノーケリングやダイビング、グラスボトムボートなどのアクティビティが楽しめる。
2006年6月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部