ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 > シネマの旅、映画の舞台の歩き方 > アンケート回答者の声 『行ってみたい』&『行ってしまった』ロケ地Vol.1

アンケート回答者の声『行ってみたい』&『行ってしまった』ロケ地Vol.1

書籍や雑誌を読んで楽しむアームチェアー・トラベルより、映像と音響の両方をDVDで味わうカウチポテト・トラベル方がずっと楽しい(劇場ならなおいい)。ただ、臨場感溢れる刺激だけに、その場所に行かずにはいられなくなるのが難点である。さて、アンケート回答者のナマの「熱い声」を紹介しよう。

1位『ローマの休日』

スペイン階段、トレヴィの泉、サンタンジェロ城、コロッセオ。いずれもローマ観光の王道だけど、イベント性が高いのは真実の口。

回答者コメント

▼ローマ(スペイン階段、真実の口、トレビの泉、サンタンジェロ城など)
とにかく、オードリーがやったことはすべてやった。当然ジェラートも食べた。ヴェスパには乗らなかったけど、真実の口でとりあえず手を袖の中に隠してみた。[サボ]
▼ローマ市内
アン王女が髪を切ったといわれる店を見てきたり、スペイン階段に座って休んだり、真実の口に手を入れてきたりしました。[匿名希望]
▼ローマ市内(スペイン階段、真実の口、コロッセオ)
最後の場面で会見の開かれた宮殿(コロンナ宮)、トラステヴェレなど。なかなか入ることの出来なかったコロンナ宮を見た時、うれしさのあまり鳥肌が立ちました。 [匿名希望]
▼真実の口
連れが映画を知らなかったので、同じ事をしたら、彼女はオードリーに負けないくらい驚いた(そんなに私、嘘つき?)。そして泣かれた…。[ダラックマ]
▼コロンナ宮
アン王女の宿舎の出入り口の門、最後の記者会見場所にも行きました。最後の記者会見の部屋は土曜日の午前中のみ見学できるので、2回目のローマ旅行で実現できました。とても綺麗でした。[etranger]
▼真実の口
手を入れて抜けないふりをしようと思っていたのに、行列ができていて、次の人が前の人の写真を撮ってあげるという事が暗黙の了解のようになされていたので、恥ずかしくて、普通に手だけ突っ込んで写真だけとりました(笑)。[みゅうきち]
雑誌の特集でも王道です

雑誌の特集でも王道です

目に入れても痛くない!?(写真提供:CRAUSUさん)

目に入れても痛くない!?
(写真提供:CRAUSUさん)

2位『サウンド・オブ・ミュージック』

映画と音楽も深い関係があります。ミュージカル映画の舞台を旅するとき、その場所で歌われた曲も一緒によみがえってくる。

回答者コメント

▼ザルツブルク、モントゼー
とにかく大好きな映画です。マリアの足跡をたどりました。ミラベル庭園、レジデンツ広場、修道院、レオポルツクロン城、ヘルブルン宮殿など結構細かいところもまわりました。結婚式のシーンを撮ったモントゼーの教会の中に入ることができた時は本当に感動しました。[ayako]
『ドレミの歌』が聞こえてきそうなミラベル庭園

『ドレミの歌』が聞こえてきそうなミラベル庭園

SLでシャーフベルク山へ

SLでシャーフベルク山へ

▼ザルツカンマーグート、ザルツブルク
『サウンド・オブ・ミュージック』のオープニングシーンで使われたザルツカンマーグートや、子供達が歩き回ったザルツブルク、そして赤と黒の登山電車に乗ってきました。大感動でした。[匿名希望]
▼ザルツブルク
映画に断片的に出てくるミラベル宮殿やザルザッハ河のつり橋やら訪ね歩きました。もちろん結婚式のシーンの月の湖のそばの教会にも。[マメ]

3位『ダ・ヴィンチ・コード』

この映画を通じて注目されるようになった観光ポイントがたくさんある。舞台装置として登場する絵画や建築物も主人公のひとつだ。

▼パリ
パリの街をルーヴル美術館からストーリー通りに辿りました! 原作の映画化が発表され、書籍が大ヒットの時だったので、周りに同じように辿ってる人を見かけました…。[まき]
▼スコットランド
ロスリン・チャペルに行って来ました。さまざまな伝説が刻み込まれた彫刻の数々は想像以上の雰囲気を醸し出していた。『ダ・ヴィンチ・コード』ファンでなくても一見の価値あり。[太郎]
▼パリ
ルーヴル美術館に行って、「最後の晩餐」や「モナ・リザ」「ピラミッド」「逆さピラミッド」を見てみたい。また舞台になった教会も見てみたい。[Michi]
『ダ・ヴィンチ・コード』『ダ・ヴィンチ・コード』

『ダ・ヴィンチ・コード』


▼ロンドン
ルーヴル美術館の『岩窟の聖母』は観たことがあるので、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵された絵を観てみたい。 [ユーロ☆]

ルーブル美術館の『岩窟の聖母』

『モナ・リザ』に殺到する観光客

アンケート回答者の声私にとって「映画と旅」とは

敬称略

◆私にとって、旅とは映画と小説の舞台を訪れることです。 [匿名希望]

◆映画と場所を実際に見て体験するとまた感動も深いです! [まき] その世界に一気に入れる映画のロケ地が大好きです。まるで主人公になったような気分になります。 [みー]

◆そういえば…映画を観ているからといって(たいして観ていないのですが)、行ってみたくなった場所があるかと聞かれると、ほとんど興味がない事が判明。映画に出てくる場所は全くの作り物の世界と思って観賞しているから? それとも、戦争映画ばかり観ているから?『Pretty Woman』のビバリーウィルシャーに行きたいと思わないのは何故なんだ〜。それでも、大自然の中で撮影されたものは心に残っているし、昔の白黒映画の街並みには行ってみたいと思う。色がついている分、想像しなくても情報が伝わってくるからだろうか?[buli]

◆大好きな映画に出て来た場所に,実際に行ってみるということは私にとって最高の贅沢。口で言い表すことの出来ない,幸せを感じます。帰ってきてもう一度その映画を観ると、より感動が増します。[wacca]

◆好きな映画には思い入れもあるので、実際の舞台はここだと思うと無性に感動します。今度は母を韓流映画のロケ地に連れて行ってあげたいです。[匿名希望]

◆ツアーでも個人でも良いが、私は「静かに回りたい」です。でも、人気スポットではそうはいかないのでしょうねえ。 [匿名希望]

ローマの休日
関連

サウンド・オブ・ミュージック
関連

ダ・ヴィンチ・コード
関連

2006年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部