ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 > シネマの旅、映画の舞台の歩き方 > アンケート回答者の声 『行ってみたい』&『行ってしまった』ロケ地Vol.2

アンケート回答者の声 『行ってみたい』&『行ってしまった』ロケ地Vol.2

素晴らしき哉、旅行人生!

映画好き&旅好きにとって、映画の舞台を旅することは至上の喜び。主人公の人生と自分自身の人生が交錯して、まさにIt's A Wonderful Travel Life.

▼第三の男
プラターの観覧車、中央墓地、カフェ・モーツァルト。中央墓地で、ラストの印象的なシーンを思い浮かべながら歩きました。私が行ったときは、たくさんの雪が降っていて、神秘的な風景でした。 [匿名希望]
▼地雷を踏んだらサヨウナラ
主人公TAIZOが見ることの出来なかったアンコールワット。そのサンライズは、言葉にならないほど感動した。圧倒的な存在感を感じた。長くその場にいたくなるような、あたたかみを感じる素敵な遺跡だった。[匿名希望]
キングスクロス駅の9と3/4番線にて

キングスクロス駅の9と3/4番線にて
(写真提供:Fさん)


▼アメリ
アメリごっこ、しました。矢印なんてないのに、あるかのごとく…でもすごい観光客。ミサンガ売りのスリがいて、警察の捕り物帳があったりと、まったくアメリとは別方向でエキサイティングでした。[匿名希望]
▼80日間世界一周
主人公達がアンデス山地に居た時、汽車の時間に間に合わせるための移動手段としてリャマに乗っていたシーンがあり、その目的でペルーへ行きリャマをてなづけようと追っかけまわしていたら、地元のインディオさんに叱られた(チョッと反省…)。 [匿名希望]
▼エゴン・シーレ 愛と陶酔の日々
エゴンシーレの愛した様式美の建築物が立ち並ぶウィーンの町の美術館めぐりをし、作品を堪能しました。[匿名希望]
▼ラブ・アクチュアリー
ほんのワンシーンですが、ポルトガルの場面がありました。街を走るケーブルカーなど情緒たっぷりで本当に素敵。ご飯もおいしく、人もやさしく、安全で素敵な国です。 [まっちゃん]
▼冒険者たち
フランスのラ・ロシェル港から観光船で1時間。要塞島が見えて来たら感動しました。現在、老朽のため島に上がることはできなかったのは残念。[バナナフィッシュ]
▼鳩の翼
夜のベニス(ヴェネツィア)の映像に感動。細い路地の散歩を楽しみました。[Ken]

ブルックリン・ブリッジはネオ・ゴシック様式の印象的な橋(ナイト・オン・ザ・プラネット)

▼ラスト・エンペラー
紫禁城のスケールの大きさにただただ圧倒されながも、そこここで映画のワンシーンが想起され、そのたびに感激をおぼえました。[ホヌ]
▼ナイト・オン・ザ・プラネット
ヨーヨーがヘルムートにNYを案内した時のように、夜のブルックリン・ブリッジをタクシーで渡りたかったが、小心者につき夜間は断念。昼間地下鉄で行ったが、美しい橋だった。[Soni]
『敦煌』を観て鳴沙山に行ってしまった。ここからの敦煌の夜景が美しかった [写真提供:西遊記たち]

『敦煌』を観て鳴沙山に行ってしまった。ここからの敦煌の夜景が美しかった [写真提供:西遊記たち]

観光客のいない素顔のヴェネツィアを味わいたいなら夜明け前がいい(鳩の翼)

観光客のいない素顔のヴェネツィアを味わいたいなら夜明け前がいい(鳩の翼)

キネマ食堂

当店のメニューは何でもあり。シナモンロール、ジェラート、ホットドック、ケーキ、スパゲティ。スクリーンに登場する食べ物は特別の味がするのかって? はい、映画という魔法のスパイスが効いていますから。

▼かもめ食堂
ハカニエミマーケットで買い物をし、マリメッコで洋服を買い、アカデミア書店のカフェアアルトでコーヒーを飲み、街のあちこちでシナモンロールを食べ比べ。フィナーレは「かもめ食堂」CAFE SUOM……しかし残念ながら夏至の祝日でお休みだったため、店の前で映画のポスターと同じ構図で記念撮影。[サボ]

クレーム・ブリュレください。(アメリ)


▼第三の男
高校時代フォークダンスで使われた「第三の男」の舞台となったウィーンを訪れて、有名なザッハトルテを食べてみた。[匿名希望]
▼ローマの休日
スペイン階段は飲食禁止ということだったので、近くのジェラート屋さんで食べて我慢しました。[ジュラっち]
▼アメリ
現地の人達数人に道を聞いて、ようやく辿りついたアメリのカフェでクレーム・ブリュレを食べました。[匿名希望]
▼グラン・ブルー
本当はスパゲティを食べるシーンで有名な岸壁ホテル(グランド・アルベルゴ・カポ・タオルミーナ:編集部注)に泊まりたかったのですが、夏のみの営業ということで断念。かわりにサン・ドメニコ・パレスでお茶をしてきました。エンゾと同じようにガラスの回廊をずんずん歩いたときは超感動!![ちなみ]
▼ティファニーで朝食を
朝食は食えんのか…?やっぱり。[buli]

アンケート回答者の声
私にとって「映画と旅」とは

敬称略

◆何度も観かえすような映画であれば、自然とその場所を巡ってみたくなります! 私は、ついでに行くというより、いつか行くと決めて行くタイプです。[匿名希望]

◆映画で観た場所に実際に行くと大変感動的です。まるで自分が映画の主人公になったような気分になれます。[KAZU]

◆大好きな映画のロケ地に着くと主人公の人がここで歌ってとかというのを想像して嬉しくなってしまいます。 [ノンちゃん73]

◆漠然と行ってみたい気がする場所が、たまたま観た映画の中で効果的に使われていたりするともう絶対自分の目で確かめたい衝動に駆られます。今後はエジプトやマチュピチュなど遺跡関係の映画はチェックしなくちゃと思っています。(俳優が好きとか、お話が気に入ったからとかじゃなくて、根本的に映画の見方が間違ってそう!!)[ヤコちゃん]

◆映画は私の癒し。 [sakitako]

◆映画に触発された旅というのもいいですよね。 [匿名希望]

◆旅先で思い入れのある作品や登場人物に思いをはせるって、とても素敵なことですね。その時に見たもの感じたものは、映画と旅の両方がないと成立し得ないのですから。私も、「これは…!」と思えるような素敵な映画に出会って、ぜひその場所を訪れてみたいです♪ [ERI]

◆お気に入りの映画は思い入れが強いので、実際の場に行くと、本当に嬉しくて感動します。物語がその風景をより美しく見せたり、反対に風景の素晴らしさで物語りが引き立つというような相乗効果があるように思います。映画を観て旅をした気分になったり、旅に出かけたくなったり、いいな〜と思う場所は世界にたくさんありますね。 [みゅうきち]

◆このアンケートに回答しようと思ってふと考えたら、最近映画もみてないし、旅にも行っていないことに気が付きました。とりあえず何か映画観たい!![クミウラ]

◆映画は実際に見たことのない風景や場所を見せてくれる。何気ない道も映画によって物語りになる。それを見て、私は更に感動する。 [ガンちゃん]

◆自分では行くことのできないような世界中の街へ連れていってくれるのが「映画」。でも、いつかは行きたいという夢(もしかしたら実現できるような)を持たせてくれるのも「映画」。[お好み焼き名人]

◆実際にロケ地に行った後でまた映画を観ると、今度は違う角度から同じ映画を観ることができるので、奥が深まります。うれしくなっちゃいます。でも、なんといっても地元ウェリントンに住んでいる私としてはウェリントンの知名度がウェリントンの映画とともに上がっているので、なんだか誇らしい気持ちにさせてくれます。今まで何でもなかった場所がロケに使われていたりすると、改めてウェリントンの奥深き良さを見直してしまいます。想像力ってすごいなって感じます。 [NaturesTouch]

◆ジョン・フォードの西部劇の土地へ、今後出かけたい。 [匿名希望]

関連DVD

2006年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部