ガイドブック編集部 > 特集 > 映画・ドラマ舞台の歩き方 > シネマの旅、映画の舞台の歩き方 > 旅好き&映画好き座談会

旅好き&映画好き座談会

一枚の絵画を見るために世界中から観光客が押し寄せたり、観光客の訪れなかった冬がベストシーズンになってしまったり、映画やドラマには旅を大きく変えてしまう力があります。アンケート結果を眺めていると、旅に誘う映画の条件と映画の持つ別の可能性が浮かんできました。 さて、ランキングを前に展開した《旅好き&映画好き》の5名の熱い2時間30分をここに紹介いたします。

座談会出席者

石津文子氏 映画ジャーナリスト

石津文子氏
映画ジャーナリスト

映画会社に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現実には家業が石屋という、地に足のついた生活を送っているせいか、映画、旅行など、“ここではないどこか”に連れていってくれるものが大好き。NYを舞台にした映画では『めぐり逢えたら』、『スプラッシュ』、『摩天楼はバラ色に』などもおすすめ。

丸山杏子氏  (株)メディア・スーツ 映画PR会社宣伝担当

丸山杏子氏
(株)メディア・スーツ
映画PR会社宣伝担当

1981年生まれ。映画を生業とする。『クンドゥン』を観てはチベットの山に登り『夏至』を観てはベトナムを縦断する秘境好き。オーストリアを訪れて、ザッハ・トルテを食すことを夢見る今日この頃。

河阪伸之 地球の歩き方編集部(映画好き代表)

河阪伸之
地球の歩き方編集部
(映画好き代表)

1959年生まれ。編集部にもたくさんいる映画好きの代表として今回参加。雑誌担当の時期に、映画をキーワードとした企画を数多く経験。イタリア映画の舞台には何度も足を運んでいる。『ギルバート・グレイプ』の舞台になったアメリカの小さな町の普通の暮らしに入っていくような旅に憧れる。

鈴木俊次氏 専門商社勤務 一般ユーザー代表

鈴木俊次氏
専門商社勤務
一般ユーザー代表

1961年生まれ。今回の『映画の舞台を旅する』企画のアンケートで非常に熱いコメントを寄せ、一般ユーザー代表として白羽の矢が立った映画好き。小学校6年生の愛娘と一緒に映画を観に行くのを楽しみにしている反面、「アニメばっか」と嘆いてもいる。必ず訪れようと思っているのは『冒険者たち』の舞台。


司会:山中久美子氏 映画ライター

司会:山中久美子氏
映画ライター

香港映画にハマり、1990年代前半を香港詣でに費やす。’94〜’99年ロンドン在住。時代の気分“zeitgeist”を感じられる映画がスキ!『この特集に関わって、“好きなことを目を輝かせて語る方々”にエネルギーをもらいました!』


アンケート回答者の声
私にとって「映画と旅」とは

敬称略

◆映画が旅の目的になることは悪い事じゃない。私はそれが目的で旅に出たことはないが、旅のついでに時間があったら寄ってみたくなる衝動は確かに感じる。[mabuhay]

◆映画を観ていて自分が行ったことのある場所がでると、行った! 行った! と嬉しくなります。[あでなん]

◆思い出してみたら旅の行き先を考える時に、結構映画の影響を受けていることに気付きました。あと、本の影響もよくあるので(映像ではない分、余計に観たくなります)そっちの特集もしてもらえると嬉しいなと思いました。 [@みぃ]

◆今話題のダヴィンチコードに出てくる場所に行ってみたい!!特にパリへ行ったことがないので、とっても興味があります。映画というとハリウッドものばかり観ていますが、映画の舞台はヨーロッパだったりするので、ヨーロッパの何気ない街角もよかったりします。[匿名希望]

◆映画の土地にいけることはとてもうれしいことだと思うが、その場所を見つけるのが案外難しい。[匿名希望]

◆映画は、私たちに、自分の行きたい所や行った所をより身近に感じさせるものだと思う。[すう]

◆イギリス映画が好きで、特にロンドンではロケ地が近場に集中しているので、見に行ってしまいます。[匿名希望]

◆自分が主人公になったみたい。[ゆう]

◆好きな映画のロケ地に辿りつくとまるで夢のようでとても楽しいです![ice]

◆映画が好きなあたしにとってこの企画はとても興味深いです。映画で観たシーンを自分の目で見るってほんと楽しいってことを実感していますし、他の方がどんな映画をみてどんな旅をしているのかとても関心があります。今までだと『ローマの休日』とかありきたりな、少し古臭い感じのものというイメージがあるので若い人たち目線の新しい情報を楽しみに待っています。 [匿名希望]

◆映画は旅への思いを強くします。また旅に出かければその映画が懐かしくなりまた見返したりもします。うれしい相乗効果です。私は景色や、人々の生活をそのままに映し出すヨーロッパの映画が特に好きです。(どちらかというとヨーロッパが好きだから、ヨーロッパ映画ばかり観てしまうのかもしれませんが。) [まっちゃん]

2006年08月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部