地球の歩き方
海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特集 >  シネマの旅、映画の舞台の歩き方 >  旅好き&映画好き座談会 > 第1部:ユーザーランキングを分析(1)

旅好き&映画好き座談会映画を見ながら、何でもトーク! ランキングから見えた映画と旅の素敵な関係第1部:ユーザーランキングを分析(1)

ヨーロッパ映画強し、映画は一日にしてならず

司会
今日お集りの方は、映画にも旅にも目利きの方ばかりですが、まずランキングを見ての第一印象を教えてください。
石津
私は『ティファニーで朝食を』を観たのが動機で、新婚旅行先をニューヨークにしたんです。同じオードリー主演とはいえ『ローマの休日』にあれほどの大差とはびっくりでした。映画の内容と同じでやはり憧れの地はローマなのでしょうか。また、『サウンド・オブ・ミュージック』の人気が高かったことも意外でした。
五番街にあるティファニー本店

五番街にあるティファニー本店

丸山
このサイトが映画ファンじゃなくて旅ファンのサイトだからということも関係あるでしょうね。日本人が一番行く、もしくは行きたい観光地があって、それに絡んでくる映画というと、ヨーロッパ、それもパリやローマの人気が高くなりますよね。ヨーロッパに行けば食べ物や芸術、音楽や美術やファッションなど楽しむ要素がいろいろあるからでしょう。アンケートのコメントを読むと『ローマの休日』がいかに王道かということがよくわかります。

鈴木
日本人にとっては遠いけれどそれだけに憧れも強いところですよね。
石津
好きな映画は? というテーマで映画ジャーナリストなどへのアンケートを実施すると『第三の男』や『天井桟敷の人々』が上位なんですが、一般のファン投票は『ローマの休日』がきますね。日本人は『ローマの休日』が好き。イタリアも好き、オードリーも好きだし、老若男女観てますから。もっともヨーロッパの人もイタリアが好き。私の好きなイギリスの映画『魅せられて四月』という作品ではイギリス人のイタリアに対する憧れがすごく伝わってきます。
河阪
個人的に『サウンド・オブ・ミュージック』は上位にランクされるのではないかと思っていました。『ローマの休日』や『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台は旅先としての定番ですね。実は地球の歩き方『ウィーンとオーストリア』編でもザルツブルクのところで特集を組んで紹介しています。また、ウィーンであれば『第三の男』。やっぱりプラター遊園地の観覧車には乗りたいし、いまだに地下水道をめぐるツアーとかもある。観光地として映画が大事な財産になっているのを実感します。
『ローマの休日』の舞台のでも、1、2を争う人気のスペイン階段

右)『サウンド・オブ・ミュージック』より
上)『ローマの休日』の舞台のでも、1、2を争う人気のスペイン階段

『サウンド・オブ・ミュージック』より

アメリカ映画には誘われないって本当!?

鈴木
私が意外に思ったのは、アメリカを舞台にした作品が非常に少ないこと。ニューヨークは、世界で3本の指に入るくらいたくさんの映画の舞台になっているし、映像的にモニュメントになるものが一番多いのに、なぜ?『フィールド・オブ・ドリームス』や『リバー・ランズ・スルー・イット』は健闘すると思ったけど。
河阪
『フィールド・オブ・ドリームス』の舞台はアイオワ州ダイアースビル。映画のおかげでトウモロコシ畑の球場が観光名所になっています。一時は『マディソン郡の橋』のカバードブリッジや『未知との遭遇』のデビルズタワーにも多くの観光客がおしかけましたしね。
映画に登場したローズマン・カバード・ブリッジは1883年に建造された橋

映画に登場したローズマン・カバード・ブリッジは1883年に建造された橋

観光名所となった球場には、夏の間、毎月1回ゴーストプレーヤーたちも現れる

観光名所となった球場には、夏の間、毎月1回ゴーストプレーヤーたちも現れる


丸山
アメリカを舞台にした映画には日常を描いたものが多いから、映画を観たからといってロケ地にいくことにはつながらないのではないかしら。
荒々しい海に囲まれ脱出不可能といられたアルカトラズ島

荒々しい海に囲まれ脱出不可能といられたアルカトラズ島

刑務所内は一般に公開され、ガイドツアーもある

刑務所内は一般に公開され、ガイドツアーもある

司会
その場所の魅力と映画の魅力がぴったり合っている時に、そこに行きたくなる。日常を描写したアメリカ映画は、展開する物語がその場所でなければという必然性が弱いということでしょう。『アメリ』をパリ以外で作ることは考えられないですものね。
石津
魅力あるアメリカの街ということであれば、サンフランシスコが好きです。ランキングには入っていませんが、いろいろな映画の舞台になっています。写真や映画で見慣れているつもりだったけど、現地に行ってみて改めて感動しました。ヒッチコックの『めまい』にでてくる景色も最高、『ブリット』『アルカトラズからの脱出』『ダーティー・ハリー』シリーズとか……あの急坂での車のシーンとか現場に立ってみるとすごい。それに、食べ物もおいしいです。(笑)

旅に誘う映画
DVD情報




2006年08月


地球の歩き方