雄大なアメリカを実感する
鉄道旅行
エンパイア・ビルダー号でスローな旅を!
知りたい<1>
寝台スリーパークラス
とは?
  知りたい<2>
非日常の空間
 

ポートランド・ユニオン駅
煉瓦色の屋根と高さ45メートルの時計塔が印象的なポートランド・ユニオン駅。1890年、ノーザンパシフィックターミナル会社によって建設され、1896年2月14日に開業した歴史的建造物だ。行き交う列車は1日92本。エンパイア・ビルダー号をはじめ、カスケード号、コーストスターライト号が離発着する。高い天井を持つ構内は、大理石の床に木製のベンチが置かれ、古き良き鉄道黄金期の名残を留めている。西海岸で唯一、メトロポリタンラウンジがある。チケットブースの脇が荷物預所。建物は1975年、国定史蹟になった。1990年代、ポートランド市開発局の所有となり、構内の整備が進められている。
時計塔がシンボル
 
まずチケットブースへ   ユニオン駅でコーチに乗り込む乗客
▲このページのトップへ
シアトル・キングストリート駅
ダウンタウンの南にあるキングストリート駅は、2007年夏を目指し、改修工事が進められている。1900年代初頭、鉄道の皇帝と謳われたジェームス・ヒルが、グレートノーザン鉄道の西の拠点として建設し、1903年に着工後、1906年5月10日に完成した。2006年、開業100周年を迎えたばかり。構内に入ると、天井からつり下げられた照明や玄関ホールに往時の名残を見ることができる。
やはり時計塔が目印
正面玄関を入って右側がチケットブース、左側に荷物預所がある。エンパイア・ビルダー号をはじめ、カスケード号、コーストスターライト号が離発着する。
 
漆喰の飾り壁が優雅   チケットブースは玄関右手
▲このページのトップへ
セントポール/ミネアポリス・ミッドウエイ駅
ミネソタ州の鉄道のハブ、セントポールとミネアポリスには、グレートノーザン鉄道駅のほかセントポールユニオン駅などの鉄道駅があったが、1971年に旅客鉄道がアムトラックに移管したのを機に、セントポールにミッドウエイ駅が建てられた。この駅を通過するのはエンパイア・ビルダー号のみ。構内にはカフェやレンタカー会社のほか、ホーム側にスリーパークラス専用ラウンジがある。
アムトラック駅として開業したミッドウエイ駅
 
構内の待合室   列車に預けた大型荷物はバゲージクレームでピックアップ
▲このページのトップへ
→途中下車おすすめの駅は?
<< 「知りたい<3>車両編成と車内設備(2)」へ 「知りたい<4>駅で知る鉄道遺産(2)」へ >>

2006年10月号

アメリカを
楽しむためのガイドブック



◆その他のアメリカガイド
を探す


◆「地球の歩き方」で格安航空券を探す<アメリカ>

◆旅のおすすめサイトリンク集<アメリカ>

◆アメリカ旅行必携のTSA
(アメリカ運輸保安局認可)
南京錠なら地球の歩き方直営店「地歩工房」

◆個性派ツアーを探す
<アメリカ>
spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer