ロンドン
ぶらぶらウオーキング
&ミュージアムめぐり
Aコース
テムズ河の風を感じて
 
コース概要
かわいさ満点のノミの市へ
 
街を南下し、河のほとりへ
 
風に吹かれてサウスバンク
 
両岸にある二つのテートへ
 
ロンドンぶらぶらコラム
 
ミュージアムショップの
おみやげは
Bコース
悦楽!ミュージアムめぐり
 
コース概要
隠れた名館と
世界一の博物館
ロンドン中心地を
縦断しながらアート三昧
広大な公園の先には
ロイヤル・ファミリーが
 

テート・ブリテン
マップ上のナンバーにマウスポインタを当てると各名称が表示されます。
 
スピタルフィールズ・マーケット
屋根つきの巨大日用品マーケット。周囲にはノミの市が立つ通りがたくさんあるが、その中心地的な存在。1600年代から現在の場所に、ほとんど変わらぬ姿で存在してきた。
>> もっと読む
ロンドン塔
ロンドン塔はローマ時代の要塞跡で、その後に王宮となったり牢獄になったりと、数奇な運命をたどる。宝物館ジュエル・ハウスでは世界最大のダイヤモンドを観ることができる。
>> もっと読む
タワー・ブリッジ
タワー・ブリッジは1894年に完成したヴィクトリア調の跳ね橋。回数は少ないものの現在でも開閉している。塔内には橋の仕組みや歴史の展示があり、ツアー形式でも見学が可能だ。
>> もっと読む
ロンドン市庁舎
巨大な貝殻状でガラス張りの建物が実はロンドン市庁舎。完全バリアフリーのスロープを降りていくと、地下のフロアを埋め尽くすようにロンドン市内の地図が描かれている。
>> もっと読む
H.M.S.ベルファスト号
軍艦ベルファスト号は海軍力で世界を支配した国ならではの遺産だ。1938年に建造され、第2次世界大戦にも参戦している。作戦司令室、無線室をはじめ内部の見学もできる。
>> もっと読む
ゴールデン・ハインデ号
ゴールデン・ハインデ号は、16世紀に建造され、セイリングのみを動力にして世界中の海を駆け回った帆船。展示されているのはレプリカだが400年前の勇姿が蘇ってくる。
>> もっと読む
ヴィノポリス
ヴィノポリスの館内では、世界のワイン産地の紹介と試飲がセットになったツアーを開いている。ギフトショップなら無料で覗くことができる。
>> もっと読む
ミレニアム・ブリッジ
2002年に開通したミレニアム・ブリッジは、1894年のロンドン・ブリッジ以来、1世紀ぶりにテムズ河に架かったもので、対岸のセント・ポール大聖堂に向けて延びる歩行者専用の橋。
>> もっと読む
テート・モダン
現代アートの殿堂テート・モダン。7階まである内部にはピカソ、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロックその他、20世紀から現在までのアートがずらり。企画展示以外は無料で観覧できる。
>> もっと読む
テート・ボート
テムズ河からは水上バスのルートのひとつ「テート・ボート」に乗って、同じ名前を冠するテート・ブリテンへ向かう。テート・モダン側はBankside pier、テート・ブリテン側はMillbank pierで乗降。
>> もっと読む
テート・ブリテン
新古典主義の重々しい建築の内部には、1500年代からの英国美術作品が並ぶ。イギリスを代表する画家たちの作品が数多く展示されている。ターナーのコレクションは世界随一。
  >> もっと読む
▲このページのトップへ
<< 特集のTOPへ 「A(テムズ河)コース詳細案内(1)」へ >>

2006年11月号

ロンドンを
楽しむためのガイドブック



◆その他のヨーロッパガイ
ドを探す


◆人気都市の歩き方<ロンドン>


◆「地球の歩き方」おすすめパッケージツアー

◆「地球の歩き方」で格安航空券を探す<イギリス>

◆旅のおすすめサイトリンク集<西ヨーロッパ>

◆地球の歩き方直営店「地歩工房」
spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer
スピタルフィールズ・マーケット ロンドン塔 タワー・ブリッジ ロンドン市庁舎 H.M.S.ベルファスト号 テート・モダン ミレニアム・ブリッジ テート・ボート テート・ブリテン ヴィノポリス ゴールデン・ハインデ号