スペイン&ポルトガル
鉄道旅行
バルセロナからポルトを巡る
列車の旅(前編/スペイン)
バルセロナ〜サラゴサ
海岸沿いを走るAlviaの旅
 
〔コラム〕世にも珍しい車輪
の幅が変わる装置
サラゴサ〜マドリッド
荒野を疾走するAVEの旅
 
〔コラム〕古きよきスペインの
列車タルゴV
マドリッド〜トレド
世界遺産都市へAVEの旅
スペインの鉄道事情
 
スペイン国鉄列車図鑑
 
アベ
 
グランデス・リネアス
 
レヒオナレス
 
セルカニアス
 
パスの活用法&予約
 
鉄道パスの活用法
予約と包括運賃チケット
申し込み
 

列車について
スペインは、日本の約1.3倍の面積を持つ。鉄道網は、約14300kmに及んでいる。スペイン狭軌鉄道(FEVE)やカタルーニャ鉄道など州営鉄道もあるが、大半はスペイン国鉄(renfe)によって運営されている。

スペイン国鉄の列車は、大きく分けると高速列車部門の「アベ(AVE)」、夜行列車も含む長距離部門の列車の「グランデス・リネアス(Grandes Lineas)」、地方部門の列車の「レヒオナレス(Regionales)」、都市近郊の列車の「セルカニアス(Cercanias)」の4つである。
▲このページのトップへ
クラスについて
スペインの列車は、大きく分けて3つのクラスに分けられる。昼間の列車であれば、特等の「クルブ(Club)」、1等にあたる「プレフェレンテ(Priferente)」、2等にあたる「トゥリスタ(Turista)」。夜行列車の場合は、特等の「グランクラーセ(Glan Class)」、1等にあたる「プレフェレンテ(Priferente)」、2等にあたる「トゥリスタ(Turista)」である。
▲このページのトップへ
駅構内での写真撮影について
スペイン国鉄をはじめとする、スペイン国内での鉄道撮影は非常に厳しい。特に駅構内での撮影や停車している列車の撮影に関しては、警備員から厳重な注意を受ける。とりわけ列車爆破テロが起きたマドリッド・アトーチャ駅では、列車乗降時以外はホームに立ち入ることができない。スペイン国鉄の担当者に理由を聞いてみると、「セキュリティ上」の問題ということである。

今回の取材は撮影許可証を持っていたが、カメラを持参しながら歩いているだけで、駅の警備員に呼び止められることもしばしばあった。
 
 
▲このページのトップへ
「アベ(AVE)」
アベ AVE    
  スペインの代表的な高速列車。最高速度300キロで運行されている。運行区間は、マドリッド〜セビーリャ、マドリッド〜リェイダ、マドリッド〜トレド。全席指定制
▲このページのトップへ
「グランデス・リネアス(Grandes Lineas)」

アルビア Alvia

  ユーロメッド Euromed
2006年5月に登場したゲージ自動変更装置を備える高速列車である。マドリッド〜バルセロナ間を最短、約4時間20分で結んでいる。全席指定制
アラリス Alaris
マドリッド〜バレンシアを結ぶ振り子型の高速列車。最高速度200キロで運行されている。全席指定制
バルセロナ〜バレンシア〜アリカンテを結ぶ高速列車。最高速度200キロで運行されている。全席指定制
アルタリア Altaria
バルセロナ〜カディス、マドリッド〜アリカンテを結ぶタルゴ客車による長距離列車。 全席指定制

タルゴ200 Talgo200
マドリッド〜マラガを結ぶタルゴ客車による長距離列車。コルドバまでは、AVEと同じ高速専用線上を走り、コルドバ以降は在来線でマラガまで向う。全席指定制
 
タルゴ Talgo
マドリッド〜ラ・コルーニャ、バルセロナ〜ビルバオなどスペイン国内都市間を結ぶ、長距離列車。アルタリアやタルゴ200と比べて、サービスは劣る。全席指定制
アルコ Arco
バルセロナ〜バレンシア、マラガを結ぶ長距離列車。TalgoやEuromedと比べ停車駅が多い。区間によっては、トゥリスタ(2等)のみの編成がある。全席指定制
エストレーリャ Estrella
マドリッド〜マドリッド〜ポルプー、マドリッド〜アルヘシラス間などを結ぶ夜行列車。トレンオテルと比べて格下になる。編成としては、個室にシャワーがあるグランクラーセ、6名部屋のクシェット、リクライニングシートである。全席指定制
 
トレンオテル Hotel
バルセロナ〜グラナダ、セビーリャ、コルドバ間などを結ぶタルゴ客車による夜行列車。編成としては個室にシャワーとトイレがあるグランクラーセ、1〜2名部屋のプリフェレンテ、4名部屋のトゥリスタ、リクライニングシートである。食堂車も編成されている。グランクラーセ利用者は、チケット代金に夕食、朝食料金が含まれている。フランス、イタリア、スイス方面の国際線は「エリプソス Elipsos」、ポルトガル方面は「ルシタニア Lusitania」と呼ばれている。全席指定制
※この他に「インテルシティ Intercity(IC)」や「ディウルノ Diuruno(D)」がある。
▲このページのトップへ
レヒオナレス(Regionales)」部門
レヒオナル・エクスプレス
Regional Expres
  TRD/R-598
 
カタルーニャ地方では「カタルーニャ・エクスプレス」、アンダルシア地方では「アンダルシア・エクスプレス」と呼ばれている普通列車。予約をしなくても利用できる   マドリッド〜サラマンカ、グラナダ〜セビーリャ間を結んでいる快速列車。トゥリスタ(2等)のみの編成がほとんど。レヒオナレス部門の列車だが、全席指定制
▲このページのトップへ
セルカニアス(Cercanias)部門
 

マドリッド、バルセロナ、バレンシアなどの大都市とその周辺を結ぶ近郊列車。東京で言えば、山手線や中央線にあたるものである。赤と白色のツートンカラーの列車が目印である。要は通勤列車みたいなものなので、当然、予約をしなくても利用できる

▲このページのトップへ
<< 「マドリッド〜トレド:
世界遺産AVEAの旅(2)」へ
「スペイン鉄道利用術:
鉄道パス&予約」へ >>

2006年12月号

■スペイン・ポルトガルを楽しむためのガイドブック
その他のヨーロッパガイドを探す
spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer