繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  旬の旅はプロに聞け! > 第6回 人気上昇中のポーランドへ!(クリスマス市&美都めぐり) Part2 > 第6回 人気上昇中のポーランドへ! Part2
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


第6回 人気上昇中のポーランドへ!(クリスマス市&美都めぐり) Part2

ポーランドのクリスマスマーケット
〜ポーランドならではのショプカに注目〜

毎年11月末より、ポーランドの町々ではクリスマスマーケットが開催されます。クラクフの巨大な中央広場には、たくさんの露店が建ち並び、クリスマスオーナメントやホットワイン、木のおもちゃを売るお店とそれを買う人々で大にぎわい。なかには、もみの木を売るお店もあり、広場には独特のいい香りが漂います。

さて、ポーランドならではのクリスマスと言えば、クラクフで行われるショプカ(ペーパークラフト)のコンテスト。ミニチュアのお城や教会、そこに並べる人形をすべて金銀紙で作り、その出来栄えを競い合うのです。どれも紙でできているとは思えないほどに精巧かつ壮麗! 見に行くだけでも価値があるでしょう。

ショプカ(ペーパークラフト)コンテストはクラクフのクリスマスの定番

ショプカ(ペーパークラフト)コンテストはクラクフのクリスマスの定番

【料理】〜煮込み料理がおいしい国〜

ポーランド料理は、長い歴史のなかで周辺諸国から影響を受けたものが多く、食べてみるとドイツやロシアの料理と似たものが多いことに気が付くでしょう。

ポーランドへ行って、ぜひ味わいたいのがビゴスとジューレック。ビゴスは、ザウワークラウトや生キャベツ、肉やソーセージなどを合わせて煮込む代表的な家庭料理です。ジューレックは、発酵させたライ麦を使った酸味のあるスープで、ゆで卵やソーセージが入っています。 煮込み料理やスープが多いポーランド料理は、日本人の口に合うので、ポーランドに行った旅行者は口を揃えて「料理がおいしかった!」と言っています。

じっくりと煮込まれた素材がおいしいビゴス

じっくりと煮込まれた素材がおいしいビゴス

ポーランドで最もポピュラーなスープ、ジューレック

ポーランドで最もポピュラーなスープ、ジューレック


【お酒】〜体をあたためる強いお酒〜

寒くて長いポーランドの冬に、体をあたためる役割をしてくれるのがお酒。代表的なものはウォツカで、アルコール度40%を超える蒸留酒です。チェリー風味のチェリーウォツカやウォツカにバイソングラスの香りをつけたズブロッカもぜひ試してみてください。

アルコールの飲めない人には、カシスジュースがおすすめ。日本ではリキュールのほうが主流ですが、ポーランドではフレッシュジュースとしてもとてもポピュラーな飲み物です。

きらりと光る美都をめぐる

■ポズナン
  〜ポーランドで最も古い町〜

ポズナンは、ポーランドで最も古い町のひとつで、建国当初は近郊のグニェズノが王国の首都でした。旧市街には、趣のある建物が建ち並び、それらを見て歩いているだけでも楽しいでしょう。

ポズナンも、ワルシャワと同じように第2次世界大戦のときに空爆を受け、廃墟と化してしまったのですが、人々の努力によって、今の町並みが見られるようになりました。一見こぢんまりとした美しい町の多いポーランドですが、そういった歴史を乗り越えて再建された都市が多いのです。

ポズナンの中央広場

ポズナンの中央広場

■グダンスク
  〜海の幸も豊富なハンザ同盟の町〜

バルト海沿岸にたたずむグダンスクは、ポーランドで最も美しい町のひとつです。13〜14世紀にハンザ同盟の一員として栄華を謳歌した時代もあり、町並みは北ドイツに似ています。しかし、地の利が災いし、ナチスドイツの標的となってしまったグダンスクは、市街地のほとんどが空爆にさらされました。中世のたたずまいそのものを残す美しい町並みは、とても戦後作られたものには見えません。

グダンスクへ行ったらぜひおいしい魚料理を味わってみてください。バルト海で水揚げされた、新鮮な魚介類が味わえるのは、沿岸の都市ならではの楽しみです。

夜景が美しい運河沿いの町並み

夜景が美しい運河沿いの町並み

グダンスクのシンボル海の神

グダンスクのシンボル海の神

【おみやげ】〜かわいい民芸品の宝庫〜

ポーランドのおみやげと言われても、イメージが湧きにくいかもしれませんが、実はたくさんの民芸品があるのです。豚皮製品(お財布や鞄)、刺繍製品(テーブルセンターや飾り)、レース編み(花瓶敷きやコースター)、切り紙細工など。

もうひとつ、忘れてはならないのが琥珀(こはく)です。黄褐色の透明な石で、天然琥珀を加工した綺麗なアクセサリーはポーランドならではのおみやげとして、おすすめします。

写真提供(琥珀、陶器):東京都町田市にあるショップwisteria(ヴィステリア)さん
URL: http://www.christmas-net.co.jp/

「糸の宝石」とも言われる繊細なレース編み

「糸の宝石」とも言われる繊細なレース編み

バルト海産の天然琥珀を加工した飾り

バルト海産の天然琥珀を加工した飾り

かわいらしい模様の陶器

かわいらしい模様の陶器


ポーランド政府観光局情報

住所: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿 3丁目4番4号
京王西新宿南ビル 7階
電話: 03-5908-3808
FAX: 03-5908-3809
URL: http://www.poland-tourism.jp/
E-mail: info@polandkanko.org
受付時間: 月〜金曜日:10:00〜18:00 
(休:土・日・祝祭日・年末年始)
局長さんプロフィール
ヤロスワフ・ヴァチンスキ氏
1961年ポーランド生まれ。
1990年にレニングラード大学日本語学科を卒業。1994年よりポーランド外務省に勤務、1999年ポーランド大使館一等書記官、2004年ポーランド政府観光局発足と同時に局長に就任。
2006年11月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部