地球の歩き方ガイドブックトップ > ウィーンからはじまる中欧音楽&世界遺産散歩 3 > ブルノ、テルチ
 
   
 
   
 
   
 
   
 
 


  ブルノ

ドラゴン(?!)がシンボルのチェコ第2の都市

ブルノは、プラハに続くチェコ第2の都市。とは言っても人口はプラハの約3分の1の40万人、観光客もプラハほどではなく、落ち着いた雰囲気の漂う町だ。おかげでゆったりと、中世の町並みを残す旧市街散策を楽しむことができた。

駅のある南側から旧市街に入り、300メートルほど歩くと“緑の広場”という小さな広場に面して旧市庁舎が建っている。ゴシック様式の石細工が施された外観に圧倒されながら、内部へと続くアーチ状の入り口をくぐると、驚くべき光景が待っていた。なんと、天井からワニがぶらさがっているのだ。間近で見るウロコが気持ち悪い……。どこからどう見てもワニだが、町では「ドラゴン」と呼ばれており、シンボル的存在だそうだ。

旧市街をかなり北に向かうと、重厚な石造りのヤナーチェク劇場が目に入った。ヤナーチェクはブルノと縁深い音楽家。ブルノにて数々の作曲を成し遂げただけでなく、音楽学校の開設や音楽雑誌の編集などにも励んだ。また、ブルノは1767年に11歳のモーツァルトが父親に連れられて訪問した地でもある。その際にコンサートを行ったのがレドゥタ劇場という会場で、2006年には生誕250周年を記念したコンサートも予定されている。

今回は訪れる時間がとれなかったが、ブルノの世界遺産と言えば、旧市街の北にトゥーゲントハート邸がある。ブルノの駅前からトラムに乗って15分ほど、閑静な住宅街のなかにひっそりとたたずむ邸宅だ。旧市街の古い町並みとは対照的なモダンな建築美を楽しむことができる。

▼ブルノの観光情報サイト
URL:www.brno.cz

ゴシック様式の石細工が施された旧市庁舎の入り口
 
天井からぶらさがっている「ドラゴン」
 
「ドラゴン」には赤ちゃんもびっくり!

▲このページのトップへ

ブルノ駅

旅に出て、最も旅情を感じる場所のひとつが“駅”だと思う。島国の日本には国境がないせいか、列車の行き先に別の国の駅名が書いてあると不思議な感覚がするとともに、無性にわくわくしてしまう。列車で国境を越えるのは、ヨーロッパを旅する醍醐味だ。

朝6:30頃、ブルノ駅に行ってみると、すでに多くの人がせわしく行き交っていた。犬を連れて旅をする人、列車に自転車を乗せる人、スタンドでコーヒーを飲んでいると思いきやビールを飲んでいる人など、ヨーロッパの駅らしい光景が目に入ってきた。ホームには、チェコ国鉄の赤い列車。ヨーロッパでは古い列車が次第に少なくなり、モダンなデザインの列車が増えつつあるが、このどこか温かみのあるチェコの列車はなくなってほしくない。

ブルノは鉄道で訪れるに適した町。駅と旧市街が隣接しているので、プラハからブラチスラヴァ(スロヴァキア)やブダペスト(ハンガリー)へ向かう際に途中下車してみるのもいい。駅構内にはロッカーや売店も完備してあるので、何かと使い勝手のいい駅だ。ブルノ駅を通過するだけの方は、駅から北西に美しくそびえたつ聖ペテロ聖パウロ教会をお見逃しなく。

ブルノ駅。道路を渡れば目の前がもう旧市街
 
駅のホームから見える聖ペテロ聖パウロ教会

▲このページのトップへ

  テルチ

舞台のセットに迷い込んだかのような町

まずは、テルチを真上から見たイラストをご覧ください。
www.telc-etc.cz/telc

テルチの地図を真上から見ると、三方向をぐるっと池に囲まれていることがわかる。この人口池は、かつて要塞の役割を果たしており、小さな町を敵の侵入から守っていた。要塞の内側にある旧市街に足を踏み入れると、ルネッサンス建築のテルチ城とかわいらしい家並みが迎えてくれる。

最初、中央広場に面して建ち並ぶカラフルな家々が、まるで舞台のセットのように見えてならなかった。しかし、実際の奥行きはなんと30メートルにも及ぶものも(これもテルチを真上から見るとよくわかる)。広場に面したホテルに泊まった際には、広場とは反対側にも部屋が存在することがわかり、奥行きの広さを実感できた。

スグラフィット技法(立体的に見えるように色付けされただまし絵の技術)を用いられた美しい家のひとつひとつを観察しながら歩いてみるのも楽しい。テルチ城に向かって右手に、ギザギザの形をした屋根のグレーの建物が目にとまった。よく見ると、鎧かぶとをかぶった兵士のような人が見える。これは、旧約聖書の戦いの指揮官であった人たちを描いたものだそうだ。

▼テルチの観光情報サイト
URL:www.telc-etc.cz

カラフルな家並み
 
スグラフィット技法が施された家

▲このページのトップへ

<< 前のページへ 次のページへ >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer