地球の歩き方ガイドブックトップ > ミッフィーの故郷オランダ・ユトレヒトを訪ねて > 世界遺産の「シュローダー邸」を見に行こう
 
   
 
   
 
   
  取材スケッチ
〜町歩きの風景〜
   

世界遺産の「シュローダー邸」を見に行こう

2000年にユネスコ世界遺産に登録された「シュローダー邸」。中世を思わせるレンガ造りの住宅街にあって、明らかに異質な存在感を放っているモダンな邸宅である。設計は「ジグザグチェア」や「赤と青の椅子」といった作品でも有名なヘリット・トーマス・リートフェルト(1888〜1964)。


1900年代初頭、デ・ステイルのメンバーとして前衛的な芸術活動を行なっていたリートフェルトに理解を示したシュローダー夫人は、夫亡き後の1924年、自分と子供たちのための「理想の家」を造るため、リートフェルトに設計を依頼した。共にアイデアを出し合いながら作り上げたこの邸宅は、当時あまりにも新しすぎたため周辺の住人には受け入れられなかったという。
モンドリアンの絵画を思わせる外観。コンクリートと大きな窓ガラスで構成された建物は現代のデザイナーズ住宅のようにも見える
 

からくり屋敷のような内部

確かにその造りは今見ても斬新だ。2階建て、140平方メートルの建物内部は赤・青・黄・白・黒・グレー、それぞれの色が持つ力と特徴で合理的に分けられている。例えば、触れる頻度の高い壁や扉の取っ手には、汚れが目立たないように「黒」が使われた。集中力を高めるという意味で子供部屋の天井にも「黒」が使われている。
「赤と青の椅子」の置かれた二階の一室
天窓を開閉して見せてくれるガイドさん。その順序は複雑そう
部屋には可動式の間仕切りが付いており、自在に分割することにすることができる。また備え付けの折りたたみ家具や二階にいながらにして外の人と対話できる管など、限りあるスペースをできるだけ広く、また機能的、合理的に使うためのアイデアでいっぱいだ。
 

常に「自然」を感じられる設計

またこの家にはすべての部屋に「水道」と「暖房機器」と「窓(扉)」が配されている。これはシュローダー夫人のリクエストで、どの部屋にも「水」「火」「空気」が欲しい、つまり自然のものを取り入れたいという考え方に基づいたものだった。窓の開き方もおもしろい。角を作っている二面ともが開くことによって、より開放的で、外にいるかのような印象を与える。

シュローダー夫人は1985年、96歳で亡くなるまでこの家に住んでいた。ガイドさんによれば歳を重ねてもチャキチャキとした元気な人だったという。確かにこんなにも斬新で、間仕切りにしろ家具にしろ、常に自分の手で動かさなければならないという家で暮らせば、精神的にも肉体的にも強く元気でいられそうな気がする。

「シュローダー邸」は、セントラル・ミュージアムからバスで10分ほどのところにあり、セントラル・ミュージアムのガイドツアーに予約申し込みをすれば内部見学が可能。

深さのあるこぢんまりとした浴槽は日本のお風呂に似ている
 
窓の外には1960年代に建設された高速道路が。シュローダー夫人は景観が損なわれるとして生涯抗議し続けたという
 
▲このページのトップへ
 
ダッチ・デザインに興味のある方はこちらもオススメ!

シュローダー邸をはじめ、ユトレヒトにはデザイン性の高い建築物や芸術作品がたくさんある。モダンでおしゃれなダッチ・デザインを楽しみたい方に、ぜひ訪れていただきたい2物件をご紹介。

セントラル・ミュージアム

1838年に建てられたオランダ最古の市立ミュージアム。展示は古典派絵画から現代アートまで幅広い。リートフェルト作品の展示もある。ただしこれまであったディック・ブルーナ作品の展示品は向かいの「ディック・ブルーナ・ハウス」に移設されたので注意。
リートフェルトの「ジグザグチェア」の展示室。「赤と青の椅子」も見ることができる
 
一息つくならリチャード・ハッテン氏Richard Huttenが手がけたおしゃれなミュージアムカフェで

Centraal Museum
住所:Nicolaaskerkhof 10, Utrecht
Tel:+31 (0)31 30 2362362
開館:火〜日の11:00〜17:00
休館:1/1、4/29、12/25
URL:http://www.centraalmuseum.nl/

 
▲このページのトップへ

ユトレヒト大学

オランダ最大の大学といわれ、ユトレヒトを学問都市といわしめるゆえんにもなっている。近年建てられたミュージアムのような校舎は、現代建築やデザインに興味のある方には必見のスポット。ただし大学構内は土日閉館
レム・コールハースの設計事務所Rem Koolhaas/OMA(1997年)による「エデュカトリアム」
「つ」の字に湾曲した壁は一階から
続く階段を上って、そのまま天井に
つながる造り(エデュカトリアム)
ノイトリング・リーダイク氏
Neutelings Riedijkの設計(1997年)による「ミナエルト・ビル」
  ホールには不思議な形のブースが(ミナエルト)


エデュカトリアム(Educatorium)
住所 Leuvenlaan 19, University center De Uithof, Utrecht

ミナエルト(Minnaert Building)
住所 Leuvenlaan 4, University center De Uithof, Utrecht

※専門家によるガイドツアー(蘭・英語)での内部見学は以下へ予約を。
1グループ60ユーロ

Architectuurcentrum Aorta
住所 Achter de Dom 14, 3512 JP Utrecht
Tel +31 (0)30 232 1686
Fax +31 (0)30 232 1390
Eメール tours@aorta.nu
URL www.aorta.nu

▲このページのトップへ

<< 前のページへ 次のページへ >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer