地球の歩き方ガイドブックトップ > ミッフィーの故郷オランダ・ユトレヒトを訪ねて
 
   
 
   
 
   
  取材スケッチ
〜町歩きの風景〜
   


 
現地取材写真
2月にオープンしたばかりのディック・ブルーナ・ハウス 町のシンボルはオランダ一の高さを誇るドム塔。運河沿いの散歩は気持ちがいい
上田暁世(ウエダ・アキヨ)
ヨーロッパ方面のガイドブックを担当。現地の人の食生活を知ることが大好きで、旅先の市場やスーパーマーケットは必ず訪れる。ユトレヒトの市場で見つけた「エビせん」は日本を思い出す味だった。

<取材・制作協力>
オランダ政府観光局 http://www.holland.or.jp/
ユトレヒト市観光局 http://www.utrechtyourway.nl/

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv, 1953-2006 www.miffy.com

 

●今号の現地取材レポートについて

日本でもおなじみの愛らしいうさぎの主人公「ミッフィーmiffy」は、現地では「ナインチェnijntje」(オランダ語で小さなうさぎという意味)と呼ばれ、子供から大人まで親しまれています。作者はオランダ、ユトレヒト生まれのディック・ブルーナさん。 今回はブルーナさんへのインタビューも織り交ぜながら、2月にオープンしたミュージアム「ディック・ブルーナ・ハウス」を中心に、ユトレヒトの魅力をたっぷりとお届けします。
チューリップでも有名なオランダは暖かくなるこれからの季節に最適のディスティネーション。町歩きの楽しいユトレヒトをぜひ訪ねてみてください。

 
オランダのほぼ中央に位置するユトレヒトは、アムステルダムから鉄道で約40分。スキポール空港からも車で約40分ほどのことろにあります。アムステルダム、デン・ハーグ、ロッテルダムに次ぐオランダ第4の都市で人口は約27万人程度。
ドム塔と運河を中心に広がった町は、徒歩での散策にちょうどいい大きさ。今回ご紹介する「ディック・ブルーナ・ハウス」はもちろん、世界遺産に登録されているリートフェルト設計による「シュローダー邸」やヨーロッパ最大の「鉄道博物館」、昨年リニューアルした「オルゴールミュージアム」など、見どころもたくさんあります。

  次のページへ >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer