• 2007年版
    地球の歩き方
    エアライン・ランキング

    最新ランキングを発表 BEST3エアライン
     徹底解剖!
    8部門別ランキング [コラム] 航空ジャーナリスト
     緒方信一郎氏に聞く
     エアライン最新事情
     2007
    日本の国際空港発
     最新ニュース
    利用者コメント大公開
    ◎本ランキングについて

  • 2007年版地球の歩き方エアライン・ランキング
    エアライン選びの基準は?
    8部門別ランキング

    部門別ランキング2位
    経済性[航空券の価格、コストパフォーマンスなど]

    1位 アエロフロート・ロシア航空
    2位 チャイナ エアライン
    3位 エバー航空
    4位 大韓航空
    5位 アシアナ航空
    6位 ヴァージン アトランティック航空
    7位 KLMオランダ航空
    8位 ノースウエスト航空
    9位 シンガポール航空
    10位 マレーシア航空
    ▲「エアライン選びの基準は?8部門別ランキング(経済性)」のトップへ

    プロはこう見る!
    航空ジャーナリスト 緒方氏のコメント

    この結果は、航空券の安さに尽きる。上位3社がランキングされたのは、価格の安さ以外の何者でもないという感じ。8部門別ランキングの中でも一番わかりやすい結果といえるだろう。

    航空券の安さでアエロフロート・ロシア航空が連続トップ

    2番目に重視するのは「経済性」という結果は、前回調査と同様。インターネットが普及して以来、航空券はネットで購入するという人が多数派となり、以前にも増して価格競争が激化した。

    ただ、航空券そのものの値段は安くても、原油高騰により燃油サーチャージを別途請求されるため、予想外の金額をプラスして支払うことになるのが現状。たとえば、家族4人でハワイへ行こうとしたら、一人分の航空券代程度の燃油サーチャージが発生してしまう。今回の調査でも、この点を不満とする人が数多く見受けられた。

    今年も1位は、前回調査と同じくアエロフロート・ロシア航空だった。同社は、地球の歩き方が実施してきた過去のエアライン・ランキング調査において、経済性部門で連続1位を達成している。もはやディスカウントチケットの値段という点では、アエロフロートの右に出る者はないようだ。2位と3位は台湾の航空会社であるチャイナ エアラインとエバー航空が並んだ。

     
    高い評価を得ている仁川空港の大韓航空ラウンジ   大韓航空ラウンジ内のインターネットサービス
    ▲「エアライン選びの基準は?8部門別ランキング(経済性)」のトップへ
    オーストラリアのローコストキャリア
    ジェットスター航空が日本就航
    2007年、オーストラリアから新たな航空会社ジェットスターが、関西国際空港と中部国際空港に就航する。ジェットスターは、質の高いサービスと低コストを実現し、低運賃で提供するカンタスグループのエアライン。運航開始は2004年5月。現在、オーストラリア内21都市への国内線とニュージーランド、タイ、ベトナム、バリ島、ハワイなどへの国際線を運航している。

    まず、3月25日に関空からブリスベン経由シドニー行き、復路はシドニー発大阪直行便を毎日運航し、8月2日より名古屋〜ケアンズ便を週6便、続いて9月8日より関空〜ケアンズの直行便を週4便運航。

    機材は就航時から2008年までエアバスA330-200で運航。機内のインテリアはジェットスターカラーで統一され、座席はすべてグレーのレザーシート。2008年後半よりドリームライナー、ボーイングB787-8に移行する。

    2クラス制でプレミアムキャビンであるスタークラスは、通常のビジネスクラスとほぼ同様。エコノミークラスは、機内食とともに提供されるドリンク(ノンアルコール)のみ無料だが、そのほかの飲み物やアルコール、サンドイッチなどスナックは有料となる。搭乗する際にペットボトル入りの水が配られ、キャビンに設置された冷水器は自由に利用できる。また、ユニークなのが、オンデマンドで映画やミュージックビデオが楽しめるポータブルの「オンデマンドビデオユニット」の有料貸し出しサービス(900円)。アメニティキットも販売するなど、自分が必要なサービスだけをオプションで購入するというシステムがとられている。なお、ブランドロゴに使われている★は南十字星を元にデザインされたもの。

    就航開始記念特別運賃として、往復2万円という破格なプライス設定(すでに販売終了)はおおいに魅力的だが、税金と燃油サーチャージなどが別途プラスされると実際は運賃の倍額以上になってしまうのが残念なところ。ただ、今まで日豪間の航空運賃は、参入している航空会社が少ないため競争原理が働かず、他の遠距離路線などと比べると価格が高かった。ジェットスターの就航で、航空券がよりロープライスになることを期待したい。
     
    左)エコノミーでもレザー製シートでリッチな気分が味わえる
    左下)尾翼にデザインされたロゴがポップで楽しい
     
     
     
    利用者のコメントはこちら
    ▲「エアライン選びの基準は?8部門別ランキング(経済性)」のトップへ
     
    <<  「地球の歩き方エアライン・ランキング
    (部門別_利便性)」へ
    「地球の歩き方エアライン・ランキング
    (部門別_安心性)」へ >>

    2007年2月号



    ◆地球の歩き方エアラインプロフィール(航空会社情報)

    ◆地球の歩き方Travel(各社航空券販売)

    ◆地球の歩き方イエローページ〈エアラインリンク集〉

    ◆旅のおすすめサイトリンク集 <エアライン>


    ◆「地球の歩き方」シリーズ検索と購入

    ◆地球の歩き方直営店「地歩工房」


    地球の歩き方エアライン★ランキングおすすめ商品をもっと見る
    spacer
    お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
    spacer
    spacer
    Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
    Design All rights reserved.
    spacer