縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


地球の歩き方ガイドブックトップ > ブルガリアのおいしい食生活
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


ブルガリア 食と雑貨と小さな町めぐり

 
 
   
 
 
 
   
 
     
 


ダイヤモンド社で買う



ダイヤモンド社で買う

◆「地球の歩き方」
で格安航空券を探す
<ヨーロッパ>


◆旅のおすすめ
サイトリンク集<東欧>


◆地球の歩き方直営店
「地歩工房」


◆個性派ツアーを探す
<ヨーロッパ・ロシア>



 

ブルガリアのおいしい食生活


ブルガリアと言えばやはり

ブルガリアと言えば?と聞かれてまず思い付くのが「ヨーグルト」。実際ブルガリア人に「週何回ヨーグルトを食べるの?」と質問すると当然のように「毎日」と答える人がほとんど。朝食や軽食にそのまま食べるのはもちろん、肉料理のソースやサラダのドレッシングにも使われ、毎日どころか毎食ヨーグルトだった。


ちなみにヨーグルトには主に4つの種類があり、それぞれこんな感じだ。


  • クセのない味が食べやすく最も一般的な「牛」のヨーグルト
  • チーズのように濃厚で値段も高い「水牛」のヨーグルト
  • 春に食べる旬ものの「羊」のヨーグルト
  • クセがある風味がやみつきになるという「山羊」のヨーグルト



  • さらに、ヨーグルトにも旬があることはブルガリアに行って初めて知った。季節によって濃さが変わるそう。春・夏のヨーグルトはさっぱりして水水しく、秋・冬はまったりとした濃厚な味になるとのこと。


    8月頃にはブルガリア南部のスモーリャン地方で「ヨーグルト祭り」なるものも開催されている。どんな祭りなのだろうか? これは是非行ってみたい!
    ホテルの朝食では必ず用意されていたヨーグルト
    ヨーグルトドレッシングのかかったサラダ。細かく刻んだハーブの風味がきいたさっぱりした味
    ブドウの葉に味の付いたごはんを包んだロールキャベツ風の「サルマ」。ヨーグルトソースをかけていただく ヨーグルトのデザート。よく水を切ったヨーグルトにいちじくのジャムをトッピング   ヨーグルトのスープ「タラトール」。細かく刻んだキュウリ、ハーブ、くるみなどが入った冷製スープ
    ▲ブルガリアのおいしい食生活のトップへ


    ブルガリアにしかないおいしいチーズ

    もうひとつブルガリア料理に欠かせない乳製品が、スィレーネという名前の白いチーズ。見た目は豆腐のようだが、味はギリシアのフェタチーズのよう。そのまま食べても、トマトと一緒に食べてもいけるが、焼いてアツアツのものも美味。


    このスィレーネを使った代表的な料理は「ショプスカ・サラダ」。おろしたスィレーネをトマトやキュウリ、パプリカなどの野菜の上にたっぷりとかける。さっぱりしているので、いくらでも食べられる。
    ブルガリア料理に欠かせないスィレーネ(白チーズ)
    スィレーネが豪快にかけられている「ショプスカ・サラダ」 パプリカ粉をかけてトマトと一緒に焼いたアツアツのスィレーネ   スィレーネのヨーグルト和えをハムで包んだ前菜
     
    ▲ブルガリアのおいしい食生活のトップへ

    肉料理や煮込み料理も美味

    ブルガリア旅行中のダイエットはあきらめるしかない。サラダやヨーグルトのヘルシー系料理だけではなく、肉料理もおいしいのだ。ケバブやキョフテなど、南に位置するトルコの料理と共通するものもあれば、ザウアークラウトなど中欧諸国の料理と共通するものもある。
    スパイシーなサラミを鉄板でカリカリに焼いて食べる。ビールによく合いそう
    豚肉の煮込み。添えられたザウアークラウト(キャベツの酢漬け)がまた美味! 「ケバブチェ」(スパイシーな挽肉棒)、鶏肉のジューシーな炭火焼き   ウィーンやミラノの料理とも共通する「シュニッツェル(カツレツ)」
     
    ▲ブルガリアのおいしい食生活のトップへ

    素朴でおいしいスイーツ

    日本のスイーツほどの見た目の繊細さは求めてはいけない。食べてみるとそのおいしさに驚く。おいしさの秘訣は、新鮮な卵や牛乳だろうか? プリンやヨーグルトムースなどは特におすすめ。
    卵味たっぷりのプリンにくるみとカラメルソースをトッピング
    パイ生地の間に刻んだくるみとハチミツのシロップをはさんで焼いた「バクラヴァ」 練ると伸びるトルコ風アイスのパフェ。生クリームも甘すぎず美味   ジャム入りクレープ「パラチンタ」はハンガリー名物でもあるがブルガリアでもポピュラー
     
    ▲ブルガリアのおいしい食生活のトップへ

    << TOPページへ 「かわいい雑貨とおみやげ探し」へ >>