地球の歩き方ガイドブックトップ > ブルガリア食と雑貨と小さな町めぐりTOP

ブルガリア 食と雑貨と小さな町めぐり

 
 
   
 
 
 
 
 
   
 
   
     
 


ダイヤモンド社で買う



ダイヤモンド社で買う

◆「地球の歩き方」
で格安航空券を探す
<ヨーロッパ>


◆旅のおすすめ
サイトリンク集<東欧>


◆地球の歩き方直営店
「地歩工房」


◆個性派ツアーを探す
<ヨーロッパ・ロシア>



 
リラの僧院にて。雪に覆われた聖母生誕教会はひときわ美しい 市場のキャベツ売り場にて。斬新なディスプレイにびっくり!
小西由香里(コニシ・ユカリ)
地球の歩き方ガイドブックの中欧地域担当。チェコやハンガリー、スロヴァキアなど国によって独自の言葉をもつこの地域。訪れるたびに少しずつ旅単語を覚えるのが楽しみ。ブルガリア語で「こんにちは」はドーバル・ダン!
 

【はじめに】

2007年にEUに加盟したブルガリア。若者も多く町全体に活気がある首都ソフィアは、発展の真っ只中。新ビルの建設、道路整備、2008年完成予定の地下鉄延長工事も進んでいます。


ただ、ひとたびソフィアの外に出ると都会の喧噪がうそのよう。ロバや馬の荷馬車が走り、羊飼いが犬と一緒に羊を追う光景に、どことなく懐かしいような気分にさせられます。また、あまり知られていないのがブルガリア料理のおいしさ。皿にあふれんばかりに盛る手法は他の中欧諸国と同じですが、味が格別!


日本と比べると物価は格段に安いのも魅力です。例えばビール中ジョッキ1杯が約80円、メインディッシュひと皿が約300〜400円。ユーロの導入に向けて物価は年々上昇しているので、安いときに行くなら今のうちですよ。


蚤の市やスーパーマーケットで見つけたかわいい小物、おばあちゃんたちお手製の編み物グッズなどもご紹介しますので、最後までお楽しみください。

協力:ブルガリア大使館、ブルガリア政府観光局、オーストリア航空
取材時期:2006年11月上旬
▲ブルガリア食と雑貨と小さな町めぐりのトップへ

【ブルガリア基本情報】
正式国名:ブルガリア共和国
首都:ソフィア(人口110万人)
人口:752万人
面積:11万910q2
公用語:ブルガリア語
通貨:レフ(複数形はレヴァ)

 
 
▲このページのトップへ
【インデックス】

1.ブルガリアのおいしい食生活

ブルガリア料理が日本人の口に合うということは意外と知られていない。自国産の肉や野菜、乳製品を使った料理の数々は味わいに行く価値あり。
>>>詳細はこちら

2.かわいい雑貨とおみやげ探し

小さな村のおばあちゃんが一生懸命手作りしたあたたかみのある刺繍や毛糸編みの製品、きれいな柄の陶器など、ブルガリアはすてきな民芸品の宝庫だ。蚤の市やスーパーマーケットにも目をひくグッズがたくさんある。
>>>詳細はこちら

3.バラ祭りだけじゃないブルガリア

ブルガリアで有名なイベントと言えば5月に開催されるバラ祭り。観光客のほとんどがこの時期に集中するが、秋冬だって楽しく観光できる。世界遺産ツアー、ワインの旅、古都めぐりなど旅の切り口は尽きない。
>>>詳細はこちら

4.思わず笑ってしまったブルガリアな光景

市場で見た「なんじゃこりゃ」な売り場の様子、飼いロバが町を練り歩く日常的な光景などを写真で紹介。
>>>詳細はこちら
 
▲ブルガリア食と雑貨と小さな町めぐりのトップへ

  「ブルガリアのおいしい食生活」へ >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer