繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮  > シベリア鉄道 ロシア横断の旅
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


シベリア鉄道 ロシア横断の旅

藤原浩(フジワラ・ヒロシ)
普段は国内中心の旅行ライターながら、なぜかロシア地域の取材を担当している。…ワサビと辛子が大の苦手。先日、モスクワの寿司バーで、ロシア人に「お子ちゃま」だと笑われてしまった。

「ロシア号」は40周年記念ロゴが描かれていた

食堂車でのディナーも旅の楽しみのひとつ

はじめに

旧ソ連時代から多くの日本人旅行客を運び、ヨーロッパへの陸のメインルートとして親しまれてきたシベリア鉄道。その、世界最長を誇る鉄道の全線取材に行ってきました。関西国際空港からウラジオストク航空でウラジオストクへ飛び、ウラジオストクから「ロシア号」に乗ってクラスノヤルスクへ。クラスノヤルスクで1泊したあと、ふたたびシベリア鉄道でモスクワに向かいました。帰路はウラジオストク経由で新潟着でした。

全長9258q、1週間にもわたる長旅は、日本では決して体験できないスケールの大きさに満ちています。『地球の歩き方 シベリア&シベリア鉄道とサハリン』では、その魅力についてお伝えしましたが、食堂車のメニューやバラエティ豊かなシベリア鉄道の車両など、本書では紹介しきれなかった点についてご案内したいと思います。また、知られざるシベリアの都市・クラスノヤルスクについても簡単にご紹介します。

2007年4月