地球の歩き方ガイドブックトップ > 3.ベルリンの遊び方 日曜日

ベルリンの遊び方
ようこそ、世界で一番クールな街へ!

 
 
 
   
 
 
     
 
地球の歩き方(A14)ドイツ


※amazonで最新版をcheck


ダイヤモンド社で買う

地球の歩き方BY TRAIN3 ドイツ&オーストリア鉄道の旅


※amazonで最新版をcheck


ダイヤモンド社で買う

「トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表」(日本語版)


※amazonで最新版をcheck


ダイヤモンド社で買う

◆「地球の歩き方」で
格安航空券を探す<ヨーロッパ>


◆旅のおすすめサイトリンク集
<西ヨーロッパ>


◆地球の歩き方直営店
「地歩工房」


◆個性派ツアーを探す
<ヨーロッパ・ロシア>



ベルリンの遊び方 日曜日 〜気ままにひとり蚤の市&美術館巡り〜

掘り出し物を探して、マウアーパークの蚤の市

日曜日10:00

特に予定のない日曜は、ぶらりと蚤の市(日本でいうフリーマーケット)へ行ってみよう! プレンツラウアーベルク地区のマウアーパークはベルリンを代表する蚤の市だ。ミッテ地区からさらに北へ行くこのエリアは、おしゃれなショップやカフェが立ち並び、さしずめ代々木公園のような雰囲気をかもし出している。


蚤の市の醍醐味はなんと言っても掘り出しもの探し。ここでしか出会えない一点ものに胸をふくらませ、気に入った露店の前で足を止めればいい。エコの意識の高いドイツ人だけあって、洋服、レコード、書籍、家具からぬいぐるみや旧東ドイツの軍服まで、あらゆる品物がリサイクルに出されている。

プロの出展もあるので、かわいい小物もきっと見つかるはずだ

値段は交渉次第。子供相手であっても油断は禁物?

ずっと探し求めてきた中古レコードとの出会いを夢見て、今日もひたすら掘る


▲3.ベルリンの遊び方 日曜日のトップへ

最も注目すべきエリア、プレンツラウアーベルク地区

日曜日12:00

ひととおり蚤の市での買い物を終えたら、昼食はそのままプレンツラウアーベルク地区で。一時期、テナント料が安いという理由で若いオーナーの出店が相次いだというこのエリア。どこに入っていいのか迷ってしまうほど、おしゃれなカフェが多い。


またデザイナーが好んで住むというこの界隈は、直営のブティックやショップも並んでいる。蚤の市で買い物を終えたばかりなのに、またしても衝動に駆られてしまい、気がつけばまたひとつ紙袋が増えているなんてことも。プレンツラウアーベルク、なんとも誘惑の多い地区である。

エバースヴァルターシュトラーセ駅からすぐのカフェ、「ヴィラ・オレンジ」

雨の日の午前中は店を開けるかわからないという気まぐれなオーナー

蚤の市の合間に寄りたい「カウフ・ディッヒ・グリュックリッヒ」


▲3.ベルリンの遊び方 日曜日のトップへ

世界遺産「博物館島」で蚤の市

日曜日13:30

ベルリンがアートの街といわれる理由のひとつに博物館島の存在がある。5つの貴重な博物館・美術館が、シュプレー川の中州に一同に集められおり、その価値が評価され1999年に世界遺産に登録された。現在、博物館島は再編成計画がすすめられており、修復作業に追われている。ちなみにベルリンにはギャラリーなどを含めると150以上の美術館があるというから驚きだ。

ベルガモン博物館のすぐ先にボーデ美術館がある、まさに博物館の島

ガラクタのような小物を真剣に吟味する大人たち


▲3.ベルリンの遊び方 日曜日のトップへ

4月にオープンした最新スポット、レゴランド・ディスカバリーセンター

日曜日15:00

2007年4月にオープンしたばかりの人気スポットが、ソニーセンターにある「レゴランド・ディスカバリーセンター」だ。バイエルン州ギュンツブルグにあるレゴランドのミニチュア版だが、劇場やアトラクションはもちろん、ベルリン市内をレゴで再現したミニランドもあり見どころは満載。


観光客なら誰もが訪れるソニーセンターにあるので是非気軽に立ち寄ってみて欲しい。ベルリンの子供たちの笑顔は最高の思い出になること間違いない!


▼レゴランド・ディスカバリーセンター(英語)
www.legolanddiscoverycentre.com/?lc=en

レゴで出来たおもちゃの数々に子供たちは大興奮!

一方、大人たちは子供の世話でちょっと疲れ気味? レゴと一緒に休憩中

ベルリンの街並みを見事に表現したミニランド。時間が経つと夜が訪れ、レゴがライトアップされる


▲3.ベルリンの遊び方 日曜日のトップへ

<< 「2.ベルリンの遊び方 
土曜日(シュプレー河岸)」へ
「4.ベルリンの遊び方 
泊まる(デザイナーズホテル)」へ >>

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer