繧ャ繧、繝峨ヶ繝繧ッ邱ィ髮驛ィ縲シ槭迚ケ髮 >  郷愁のポルトガル、世界遺産とワインの旅 > ポルトガルへの道
縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ滂ス懷慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿

縲悟慍逅縺ョ豁ゥ縺肴婿縲阪〒菴輔°縺頑爾縺励〒縺吶°シ

縺ゅ↑縺溘ョ繧「繧ッ繧サ繧ケ縺励h縺縺ィ縺励◆繝壹シ繧ク縺瑚ヲ九▽縺九j縺セ縺帙s縲
縺ゅ↑縺溘ョ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺縺溘壹シ繧ク縺九i縺ョ繝ェ繝ウ繧ッ縺檎┌蜉ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺繧九°縲√≠繧九>縺ッ繧「繝峨Ξ繧ケシURLシ峨ョ繧ソ繧、繝励Α繧ケ縺九b縺励l縺セ縺帙s縲
荳玖ィ倥ョ讀懃エ「繝輔か繝シ繝縺ォ繧ュ繝シ繝ッ繝シ繝峨r蜈・蜉帙@縺ヲ縺碑ヲァ縺ォ縺ェ繧翫◆縺繝壹シ繧ク繧偵♀謗「縺励¥縺縺輔>縲


ポルトガルへの道

AIR FRANCE

ポルトガルに行くなら便数が豊富で乗り継ぎが便利なエールフランス航空で!

日本からポルトガルへの直行便はないため、ヨーロッパの主要都市まで飛び、ポルトガル行きの便に乗り継ぐことになる。エールフランス航空(AF)なら、拠点空港であるシャルル・ド・ゴール空港から約2時間30分でリスボンへ乗り継げる。エールフランス便は、東京からパリへは週23便、都合に合わせて朝・昼・夜の3つの時間帯から選ぶことができる。大阪−パリ、名古屋−パリ間(日本航空との共同運行)は週7便(毎日)運行している。また、パリからポルトガルへはデイリーで数便運航している。

シャルル・ド・ゴール空港からリスボンへの乗り継ぐ

シャルル・ド・ゴール空港から
リスボンへの乗り継ぐ

機内食

美食の国のエアラインだけに、エコノミークラスでもアペリティフにはシャンペンも用意される。バラエティ豊かな食事と飲み物が提供されるほか、セルフサービスのビュッフェがうれしい。


エスパス・アフェールクラス(ビジネス)では、好きな時に利用できるミニバーとビュッフェ 。前菜は2種類、メインディッシュは3種類から選べるアラカルト・メニューである。世界的に著名なソムリエ、オリヴィエ・プシエ氏により厳選されたワインは、2カ月ごとに更新される。また、休息や仕事を優先したい人のためのエキスプレスメニューも用意されている。


エスパス・プルミエールクラス(ファースト)では、好きな時に利用できるミニバーとビュッフェ、 パリの三ツ星レストラン“ル・グラン・ヴェフール”のシェフ、ギィ・マルタン氏の監修のアラカルト・メニューが堪能できる。前菜は2種類、メインディッシュは4種類から選べる。

マイレージプログラム

フライング・ブルーは、エールフランス航空とKLMオランダ航空による、共同フリークエント・フライヤー・プログラム。毎日18,000便以上のフライトで世界900以上の都市へ、また130以上の提携会社の利用で、マイルがさらに獲得しやすくなった。

エールフランス航空をもっと詳しく知るには以下のリンクから

フランスの新進気鋭のデザイナーによる新デザインコンセプトの
空港ラウンジを新装オープン!

エールフランス航空は、2007年7月、エールフランスの新ラウンジを成田空港第一ターミナル北ウィング4階にオープンした。インテリアデザイナーはフランスの新進気鋭、ノエ・デュショフール=ローランス。以前の2倍にあたる約460平米の床面積に、エールフランスの新コンセプトデザインによる赤と白の2色を基調とした革新的な空間が広がる。

成田空港新ラウンジの概要

面積: 約460u
(バックオフィス、トイレ、シャワー室含む)
席数: 141席(ソファ80席、ハイスツール27席、ベンチシート&椅子34席)
設備: 全席におよびPC用電源付きの読書灯配置。無線LAN接続、シャワールーム一室(中にオムツ替え用ベビーシートあり)、アップルコンピューター付きのワーキングコーナー2カ所、婦人、紳士洗面所 
エールフランス航空 新ラウンジ(成田空港第一ターミナル北ウィング4階)

2007年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部