ガイドブック編集部 > 特集 > 郷愁のポルトガル、世界遺産とワインの旅 > ポルトガルより道、まわり道・その(2)

ポルトガルより道、まわり道・その(2)

郷愁を誘うリスボンの下町
アルファマ地区

迷路のような路地や密集した白い家々は、8世紀から12世紀に渡って、400年の間リスボンを支配したイスラムの影響を色濃く残している。アルファマ地区は、1755年のリスボン地震でも被害が少なく、復興計画の対象から外れためにエキゾチックな雰囲気を留めている。

名門ファドハウス、クルベ・ド・ファド

名門ファドハウス、クルベ・ド・ファド
はカテドラルの裏側の路地にある。食事をしながら、ゆっくりとファドの調べを楽しみたい。


サン・ジョルジェ城からの眺望。サンタ・ジュスタのエレベーターや崩れ落ちたままのカルモ教会、そして遠方には4月25日橋が見える。

サン・ジョルジェ城からの眺望。サンタ・ジュスタのエレベーターや崩れ落ちたままのカルモ教会、そして遠方には4月25日橋が見える。


サント・アントニオ祭のための飾り付け。広場や路地にいたるまで、そこかしこにモールがディスプレイされていた。

サント・アントニオ祭のための飾り付け。広場や路地にいたるまで、そこかしこにモールがディスプレイされていた。


ファドハウスは一流ミュージシャンが出演する店から、一般の人も飛び入り参加する庶民的な店まである。

ファドハウスは一流ミュージシャンが出演する店から、一般の人も飛び入り参加する庶民的な店まである。

碁盤目状に道路が走るリスボン一の繁華街
バイシャ地区

バイシャとは“低い土地”という意味。このエリアは名前のとおり、バイロ・アルトとアルファマのふたつの丘に挟まれた低地である。碁盤目状に道路が走り、リスボン随一の商業エリアだ。

ランドマークになっているサンタ・ジュスタのエレベーター。鉄塔の内部に2機のエレベーター設置されている。

ランドマークになっているサンタ・ジュスタのエレベーター。鉄塔の内部に2機のエレベーター設置されている。

エレベーターで上り、さらにらせん階段を上るとそこは展望台でカフェもある。リスボンの街並みを見下ろす眺望は最高だ。エレベーターで上ったところから、バイロ・アルトへの連絡橋もある。

エレベーターで上り、さらにらせん階段を上るとそこは展望台でカフェもある。リスボンの街並みを見下ろす眺望は最高だ。エレベーターで上ったところから、バイロ・アルトへの連絡橋もある。


エレベーターで上り、さらにらせん階段を上るとそこは展望台でカフェもある。リスボンの街並みを見下ろす眺望は最高だ。エレベーターで上ったところから、バイロ・アルトへの連絡橋もある。

工事中でも夜は美しくライトアップされるロシオ駅。1886年にジョゼ・ルイス・モンテイロのデザインで建てられた。馬蹄形の入口のあるファサードは、同時期に造られたパレス・ホテル・ド・ブサコの外観とよく似ている。

サンタ・ジェスタのエレベーターの展望台より、ロシオ広場(正式にはドン・ペドロ4世広場)を臨む。広場中央の円柱に立つのはドン・ペドロ4世の像である。広場には有名なカフェ、パステラリア・スイッサとカフェ・ニコラがある。

サンタ・ジェスタのエレベーターの展望台より、ロシオ広場(正式にはドン・ペドロ4世広場)を臨む。広場中央の円柱に立つのはドン・ペドロ4世の像である。広場には有名なカフェ、パステラリア・スイッサとカフェ・ニコラがある。

コルメシオ広場に向かいアウグスタ通りを行く。前方には勝利のアーチが見える。白と黒の石畳の模様はリスボンの守護聖人のひとりサン・ヴィンセンテが2羽のカラスに守られリスボンに運ばれたことに由来する。黒は死とカラス、白はサン・ヴィンセンテの純粋性を象徴するリスボンのシンボルカラー。

コルメシオ広場に向かいアウグスタ通りを行く。前方には勝利のアーチが見える。白と黒の石畳の模様はリスボンの守護聖人のひとりサン・ヴィンセンテが2羽のカラスに守られリスボンに運ばれたことに由来する。黒は死とカラス、白はサン・ヴィンセンテの純粋性を象徴するリスボンのシンボルカラー。

パステル・デ・ナタの老舗
パステイス・デ・ベレン

パステル・デ・ナタPastel de Nata (複数形Pasteis)は、ポルトガルの伝統菓子。1837年創業のパステル・デ・ナタの老舗が、パステイス・デ・ベレンであり、ジェロニモス修道院から伝えられたレシピを頑なに守り通している店である。甘さ控えめで滑らかなクリームと400度で短時間に焼き上げるパリパリのパイ皮が人気の秘密だ。

パステイス・デ・ベレンのお店は、ジェロニモス修道院の南門近く、ベレン通りに面して建っている。ブルーに白い文字がが目印。通りに面したスペースは狭いが、奥にはいくつかの広い部屋があるので心配ない。

パステイス・デ・ベレンのお店は、ジェロニモス修道院の南門近く、ベレン通りに面して建っている。ブルーに白い文字がが目印。通りに面したスペースは狭いが、奥にはいくつかの広い部屋があるので心配ない。


世界で一番美味しいパステル・デ・ナタを求めるお客さんでにぎわう店先。内装も洒落ている。

世界で一番美味しいパステル・デ・ナタを求めるお客さんでにぎわう店先。内装も洒落ている。

Pasteis de Belemホームページ


好みでシナモンパウダーと砂糖を振りかけて食べる。飲み物は苦めのビッカ(エスプレッソコーヒー)が相性がいい。パステル・デ・ナタは1個85セント(約140円、2007年6月現在)。

好みでシナモンパウダーと砂糖を振りかけて食べる。飲み物は苦めのビッカ(エスプレッソコーヒー)が相性がいい。パステル・デ・ナタは1個85セント(約140円、2007年6月現在)。

パステル・デ・ナタが焼き上がった。工場の様子をのぞくことができる。

パステル・デ・ナタが焼き上がった。工場の様子をのぞくことができる。


カスカイスのリゾートホテル滞在
ホテル・カスカイス・ミラージュ Hotel Cascais Miragem

ホテル・カスカイス・ミラージュ

カスカイスはリスボンのカイス・ド・ソドレ駅から電車でわすか35分のリゾート。カジノのあるエストリルから西へ5kmの場所にある。リスボンから近いので市内観光にも便利なロケーション。今回宿泊したのはエストリル海岸沿いに建つホテル・カスカイス・ミラージュ。2004年にオープンしたモダンな五つ星ホテルで客室数は192室。レストランは伝統的なポルトガル料理と地中海料理の2種がある。


塩からい海よ
お前の塩のなんと多くが
ポルトガルの涙であることか

フェルナンド・ペソア
「歴史は告げる」(池上ュ夫訳)の“ポルトガルの海”の一節


2007年9月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部