ガイドブック編集部 > 特集 >  シャンパン新時代!シャンパンブームが止まらない! > 1章 そもそもシャンパンってどういうお酒?

1章 そもそもシャンパンってどういうお酒?

高級シャンパンの主役、白ブドウ「シャルドネ」

高級シャンパンの主役、白ブドウ「シャルドネ」

大手メーカーの畑はあらゆるところに存在している

大手メーカーの畑はあらゆるところに存在している


シャンパンとワインは何が違う?

まずシャンパンがワインとは決定的に違うのはその生産量です。

ボルドーであろうがブルゴーニュであろうが、またはドイツ、イタリア、アメリカ、オーストラリア、さらにはチリ、日本と、世界中のどこで作られようと、ワインはワインであることに変わりはありません。またその醸造もさまざま方法で行われています。

ところがシャンパンときたら、それを名乗るのは容易なことではありません。「シャンパン」を名乗るためには、まずシャンパーニュ地方の限定された地区で収穫されたブドウのみを使い、そして厳格に規定された製法に則って、さらにシャンパーニュ地方で作られたものでなくてはならないのです。

当たり年にしか生産しないサロン社のロゴマーク

当たり年にしか生産しないサロン社のロゴマーク


地下のカーヴで静かな眠りにつくシャンパンたち

地下のカーヴで静かな眠りにつくシャンパンたち

3種類のブドウの品質がシャンパンの味を左右する

3種類のブドウの品質がシャンパンの味を左右する


それ以外の発泡ワインは、たとえフランスで造られたものであっても「ヴァン・ムスー」という別の名称で呼ばれています。スペインで作られる発泡ワインは「エスプモーソ」と呼ばれ、そのなかでもシャンパーニュ方式で作られる上質なものを「カバ」と呼びます。同様にドイツでは「ゼクト」、イタリアでは「スプマンテ」と呼ばれています。生産量が限られているシャンパンは希少な存在なのです。

白ブドウのシャルドネ、黒ブドウのピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、この3種類のブドウを原料とするシャンパンには、ほんのりと黄金色を帯びた白と、より一層華やかなロゼの2種類があります。しかしシャンパンによって、風味だけでなく白、ロゼ、ともにさまざまな色合いの違いがあります。

収穫期のシャンパーニュ地方でよく見られる光景

収穫期のシャンパーニュ地方でよく見られる光景


こちらは日本でもお馴染みモエ・エ・シャンドンの畑

こちらは日本でもお馴染みモエ・エ・シャンドンの畑

きれいに駆り揃えられたシャンパーニュ地方の畑

きれいに駆り揃えられたシャンパーニュ地方の畑


すべての工程はよりよいシャンパンのために

昨今のワインブームによって実に多くのガイドブックや専門書が出版され、またあらゆる雑誌などでも紹介されたため、ワインに対する正しい知識を持った人が増えています。とはいえ、ワインの世界となると産地も多く、深く理解するためには専門的な知識が要求されてしまい、敷居の高い感じはどうしても否めません。

ところが、産地がシャンパーニュ地方に限られたシャンパンは、その種類も比較的少なく、代表的な銘柄の性格もはっきりと異なっているので、ある意味覚えやすくシンプルなお酒と言えるでしょう。肩肘を張らずに、気軽に楽しんでみたいものです。さあ、まずはそれぞれのメゾン(メーカー)の「顔」とも言えるブリュット(辛口)をいくつか飲み比べてみて、自分の好みに合ったシャンパンを見つけましょう!

今日も手作業で行われることのある「動瓶」

今日も手作業で行われることのある「動瓶」

大手メーカーでは、機械での製造工程を見られる

大手メーカーでは、機械での製造工程を見られる


打栓までのあらゆる工程を終え、あとはラベル張り

打栓までのあらゆる工程を終え、あとはラベル張り

瓶先に集まった不要なオリ部分を瞬間的に冷凍

瓶先に集まった不要なオリ部分を瞬間的に冷凍

出荷までに15ヵ月以上の熟成が義務付けられている

出荷までに15ヵ月以上の熟成が義務付けられている

ヨーロッパ最大を誇る圧搾施設の大型貯蔵タンク

ヨーロッパ最大を誇る圧搾施設の大型貯蔵タンク


書籍紹介

もっとシャンパンについて知りたい方へ、
世界に誇るソムリエ・田崎真也氏書き下ろしによる新刊のご案内

「地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック」

地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック
  • 著者:田崎真也
  • 定価:1575円(税込)
  • 発行年月:2007年12月
  • 判型:A5変 造本:並製
  • >>詳細はこちら

ダイヤモンド社で買う アマゾンで買う



ツアー紹介

シャンパーニュ地方へ旅行に行きたい方、行きたくなった方へ
ヨーロッパ旅行専門店「地球の歩き方 旅プラザ」によるツアーのご案内

エールフランスで行く
アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間
旅プラザ

ブドウ畑イメージ

アルザス地方とシャンパーニュ地方を起点に、フランスをじっくり鉄道で回るプランです。文化の交差点ストラスブールとシャンパン街道を訪れます。延泊、観光・送迎・列車の手配、ホテルの変更など「あなただけの旅」をアレンジします。お気軽にお問い合わせ下さい。
>>エールフランスで行く アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間 詳細はこちらから


2007年12月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部