ガイドブック編集部 > 特集 >  シャンパン新時代!シャンパンブームが止まらない! > 3章 シャンパンを100倍楽しむ方法

3章 シャンパンを100倍楽しむ方法

優雅に立ち上り続ける泡は食欲も呼び覚ましてくれる

優雅に立ち上り続ける泡は食欲も呼び覚ましてくれる

ホタテはシャンパンと合う食材のなかでも代表格

ホタテはシャンパンと合う食材のなかでも代表格

初級編/アペリティフで飲むシャンパン

かのナポレオン軍は遠征の前に必ずシャンパーニュの地に立ち寄り、大量のシャンパンを購入して戦地に赴き、戦いの前にシャンパンを飲んだと言われています。その結果はご存知の通り、連戦連勝。冬将軍に敗れたロシア遠征では、その時だけアルザスでワインを調達した、というのはシャンパーニュ地方の人々の語り草になっています。

ナポレオンが大切な戦いの前に飲んだからなのか定かではないのですが、シャンパンは古くから祝い酒としてだけでなく食事の前に飲むお酒としても定番です。口当たりのよさに加え、炭酸が胃を適度に刺激して食欲を呼び起こすとも言われています。シャンパンは、やる気、食べる気を起こさせるお酒なのかもしれません。

食前酒としてカナッペなどと一緒に 食前酒としてカナッペなどと一緒に

泡がきれいに立ち昇るフルートグラス泡がきれいに立ち昇るフルートグラス

ビールではなく、シャンパンで乾杯 ビールではなく、シャンパンで乾杯



中級編/シャンパーニュ地方では食事に合わせて飲む

アペリティフとしてのシャンパンは間違いのない選択。そのことにもはや疑いの余地はありません。ところが意外と知られていないのが、食事中に口にするお酒としてのシャンパン。

もともとが発泡白ワインなので、魚との相性は抜群で、特に辛口のシャンパンはカキや刺身、寿司とも素晴らしいマリアージュ(結婚、相性)を見せてくれます。また、鴨などの鳥肉や牛肉、豚肉にはロゼがおすすめです。そして、こってりとした料理にもキレのいいこのお酒は適しています。さらに最後に果物(とくにイチゴ)とも合うシャンパンは、デザート全般に強みを発揮してくれます。

アペリティフとしてスタートを切り、オードブルでもメインでもデザートであっても、おいしく飲めるシャンパンは、まさにオールラウンダーなのです。

アペリティフからデザートまでOK

アペリティフからデザートまでOK


肉料理や揚げ物にはロゼがよく合う

肉料理や揚げ物にはロゼがよく合う

どんな料理とも相性のよいシャンパンで食は進む どんな料理とも相性のよいシャンパンで食は進む



上級編/和食家庭料理にあわせる

フルコースでも見事な万能選手ぶりを見せるお酒、シャンパン。しかしその実力はなんと日本食でも遺憾なく発揮されるのです。

辛口のシャンパンが新鮮な魚介類とマッチするのはもちろん、焼き魚や煮魚にだってよく合います。うなぎの蒲焼きとて例外ではありません。その他、天ぷらをはじめとする揚げ物全般にも、油っぽさを切ってさっぱりとした感覚を与えてくれるので、食が進みます。また清涼感があるので、鍋物などの温かい料理にもよく合います。

こんなふうに言うと、日本酒とビールのいいとこ取りのようですが、日本食というフィールドでも無類の強さを見せてくれるのです。

「田崎真也のシャンパンブック」ではシャンパンを引き立てる料理の数々を紹介田崎真也のシャンパン・ブック」ではシャンパンを引き立てる料理の数々を紹介


書籍紹介

もっとシャンパンについて知りたい方へ、
世界に誇るソムリエ・田崎真也氏書き下ろしによる新刊のご案内

「地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック」

地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック
  • 著者:田崎真也
  • 定価:1575円(税込)
  • 発行年月:2007年12月
  • 判型:A5変 造本:並製
  • >>詳細はこちら

ダイヤモンド社で買う アマゾンで買う



ツアー紹介

シャンパーニュ地方へ旅行に行きたい方、行きたくなった方へ
ヨーロッパ旅行専門店「地球の歩き方 旅プラザ」によるツアーのご案内

エールフランスで行く
アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間
旅プラザ

ブドウ畑イメージ

アルザス地方とシャンパーニュ地方を起点に、フランスをじっくり鉄道で回るプランです。文化の交差点ストラスブールとシャンパン街道を訪れます。延泊、観光・送迎・列車の手配、ホテルの変更など「あなただけの旅」をアレンジします。お気軽にお問い合わせ下さい。
>>エールフランスで行く アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間 詳細はこちらから


2007年12月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部