ガイドブック編集部 > 特集   >  シャンパン新時代!シャンパンブームが止まらない! > 4章 シャンパーニュ地方で出会った人々

4章 シャンパーニュ地方で出会った人々

収穫期のシャンパーニュ地方では行く先々で陽気な笑顔に迎えられた 収穫期のシャンパーニュ地方では行く先々で陽気な笑顔に迎えられた

シャンパンが身近にある幸せな生活 シャンパンが身近にある幸せな生活


畑に生きる職人気質

ボルドーやブルゴーニュなどのワイン産地は近年、世界中で台頭してくる新興産地から激しい追い上げを受け、販売の不振が懸念されています。そしてメーカー間のライバル意識も当然激しいものです。

ところがシャンパーニュ地方はというと、大小、どの生産者を訪ねてみても、そのような危機感、緊張感は伝わってこないのです。彼らの関心事はつねに「天候やブドウの出来」なのです。そう、生産量が極めて限られたシャンパンは販売の心配をする必要はないのです。

この地方で造られなければならず、生産高を上げるための農法も農薬も認められていないのだから、どうしたって「量」にこだわることは不可能で、「質」を追求するのは当然のことと言えるのかもしれません。それでも、ブドウの品質やシャンパンの味にこだわるその姿には感銘を受けずにはいられません。この地のブドウ畑には、職人気質というものが今なお生きているのです。

ブドウの質に満足そうな様子

ブドウの質に満足そうな様子

作業の合間にシャンパンが登場!

作業の合間にシャンパンが登場!

量より質にこだわる職人たち

量より質にこだわる職人たち


ワインイメージ 現地取材を終えて

この限られた地域で世界中のシャンパン需要を満たさなければならないシャンパーニュ地方。どの村の家でも、家族の誰かしらはシャンパン産業に関わっているといっても過言ではないほど、シャンパンあってのシャンパーニュなのです。

「最高に美しく、活気にあふれたブドウ畑を撮影したい」ということで、今回は、シャンパーニュ地方が一年でもっとも忙しい「収穫」の真っ只中を突撃取材してきました。しかし、どこに行っても彼らは迷惑がるどころか「Allez, une petite dégustation!! (まあ、いいから、ちょっと試飲しなさいよ)」とニコニコ顔で歓待してくれました。ブドウ摘みの作業スタッフと一緒にお昼をご馳走になったり、宿を提供してくれたりと終始親切にしていただきました。

収穫で忙しくでもシャンパンは必須

収穫で忙しくでもシャンパンは必須


それをパリの友人に話すと、「彼らはフランスで一番収入が高くてゆとりがあるんだよ、だから何の心配もないのさ」と、やや皮肉混じりに話していました。それでも実際にシャンパーニュを訪れた小生は、遠足の前日に天気を心配する子供のごとく、天候やブドウの状態を真剣に気にしていた彼らシャンプノワ(シャンパーニュ地方の人々)の姿が頭に焼き付いて離れないのです。

そこら中で見かける「収穫中、注意!」の道路標識

そこら中で見かける「収穫中、注意!」の道路標識

ブドウ造りは親から子、そして孫へと受け継がれる

ブドウ造りは親から子、そして孫へと受け継がれる


夕暮れと共に収穫期の畑にも静寂が訪れる。やがて畑には冬が訪れるが、シャンパンは瓶の中で眠り続ける

夕暮れと共に収穫期の畑にも静寂が訪れる。やがて畑には冬が訪れるが、シャンパンは瓶の中で眠り続ける

書籍紹介

もっとシャンパンについて知りたい方へ、
世界に誇るソムリエ・田崎真也氏書き下ろしによる新刊のご案内

「地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック」

地球の歩き方GEM STONE(020) 田崎真也のシャンパン・ブック
  • 著者:田崎真也
  • 定価:1575円(税込)
  • 発行年月:2007年12月
  • 判型:A5変 造本:並製
  • >>詳細はこちら

ダイヤモンド社で買う アマゾンで買う



ツアー紹介

シャンパーニュ地方へ旅行に行きたい方、行きたくなった方へ
ヨーロッパ旅行専門店「地球の歩き方 旅プラザ」によるツアーのご案内

エールフランスで行く
アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間
旅プラザ

ブドウ畑イメージ

アルザス地方とシャンパーニュ地方を起点に、フランスをじっくり鉄道で回るプランです。文化の交差点ストラスブールとシャンパン街道を訪れます。延泊、観光・送迎・列車の手配、ホテルの変更など「あなただけの旅」をアレンジします。お気軽にお問い合わせ下さい。
>>エールフランスで行く アルザス地方とシャンパーニュ地方鉄道周遊とパリ8日間 詳細はこちらから


2007年12月


ページ上部に戻る
地球の歩き方ガイドブック 編集部