地球の歩き方ガイドブックトップ > エアライン・ランキング > 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング > ベスト3_ヴァージン アトランティック航空

  2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
BEST3 エアライン徹底解剖!
高い評価を得た3社の実力と魅力に迫る

3位 ヴァージン アトランティック航空

ージン アトランティック航空 ージン アトランティック航空
 
2008年
2007年
利便性
2位
(3位)
安全性・信頼性
5位
(1位)
経済性
12位
(6位)
接客態度・サービス
10位
(5位)
機材・設備の快適性
3位
(4位)
利用者特典
2位
(1位)
機内食
1位
(1位)
エンターテインメント
2位
(1位)
総合ランキング
3位
(1位)

前回「2007年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」1位から今回3位へランクダウンした英国のヴァージン アトランティック航空。ヴァージンは、世界初のパーソナルモニター、多彩なエンターテインメント、和食弁当をはじめバラエティ豊かな機内食、シートが広いワンクラス上のエコノミークラスなど、ユニークなサービスを他社に先駆けて次々に導入してきた。今回は順位を落としたものの、強豪・シンガポール航空とともにベスト3の常連メンバーとして定着している。ファンの多い個性派エアラインだ。

選べる楽しさがある機内食 選べる楽しさがある機内食

▲「2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング(ベスト3_ヴァージン アトランティック航空)」のトップへ

受賞エアラインにインタビュー

ヴァージン アトランティック航空 マーケティング部
PRエグゼクティブ 富岡 弘美さん

サービスやラウンジなどを一新し、より快適にレベルアップ

成田のクラブハウスは竹を配した和モダンなデザイン 成田のクラブハウスは竹を配した和モダンなデザイン


今回はランクダウンという残念な結果となりましたが、弊社では機内サービスはもちろんのこと、自宅を出てから自宅に戻るまでのトータルな旅をより快適に過ごしていただけるよう、地上も含めた新たなサービス開発、向上を目指しております。

まず成田空港のクラブハウス(ビジネスクラスラウンジ)を2007年7月にリニューアルオープンしました。ラウンジは、日本人にとっては出発前のくつろぎの空間であり、外国人のお客様には日本で最後に過ごされる場所ということになります。インテリアデザインは、ヴァージンのブランドと日本の伝統的なものを採り入れ、レトロとモダンを融合させたコンセプト空間です。ラウンジ内の席数も従来より40%ほど増え、セルフサービスのスナックコーナーを新設。もちろん、従来どおりのテーブルサービスでお食事をご注文することも可能です。また、ビジネス設備が充実し、最新のコンピューター機器や無線LAN環境も整備しました。インターネット接続のほか、携帯電話やブラックベリー携帯端末の充電設備も整っています。

ロンドンのヒースロー空港では、2007年11月からビジネスクラスの旅客を対象にした「ドライブスルーチェックイン」がさらにグレードアップしました。ドライブスルーチェックインは、無料送迎車でホテルまでお客様を迎えに行き、空港に車が到着するとチェックインエージェントが予めご用意されたボーディングパスをお渡しし、お客様のお荷物をチェックイン、お客様はラウンジへ向かうだけ、というサービスです。それに新しい施設である「アッパークラス ウイング」の利用が加わり、ヴァージンのビジネスクラスのお客様専用セキュリティチェックがあり、また出国審査も受けられるため、送迎車でヒースローに到着してからラウンジまでわずか10分というのが大きなアピールポイントになっています。チェックインカウンターやセキュリティに並ぶことがなく、ストレスをまったく感じることがありません。

また、2007年12月末にターミナル3の改装を終え、ヴァージン・チェックインエリアが全面的に改装されました。セルフサービスの自動チェックイン機が増設され、プレミアム エコノミーとエコノミークラスをご利用されるお客様にとっても、より便利でストレスフリーのチェックインが可能になりました。

2007年にはプレミアムエコノミーのシートの全面リニューアルを完了し、エコノミーとはより差別化したプレミアムエコノミー独自のサービスに一新、さらに快適になりました。1991年に導入したプレミアムエコノミーは、弊社独自のクラスでしたが、現在は東京〜ロンドン線を運航している4社すべてに同クラスの設定があります。今回のリニューアルではシート以外のサービスも見直し、座席も28席から38席に増加、お客様から大変好評をいただいております。特に旅慣れた方、ご年配の方や母娘旅、ハネムーンなど、幅広い方たちからのご支持を得ており、ロンドン線はフライト時間が長いのでゆったり行きたい、というお客様にご指名をいただいております。


貯まりやすく使いやすいマイレージ「フライングクラブ」

ドライブスルーチェックインで空港に到着と同時に搭乗券を受け取れる ドライブスルーチェックインで空港に到着と同時に搭乗券を受け取れる


弊社のマイレージプログラム「フライングクラブ」はANAと提携しています。3年に1回マイルの出し入れがあれば、期限がまたそこからさらに3年延長になり、実質的には有効期限がないようなシステムです。つまり、3年に1度しかヨーロッパ旅行をしなくてもマイルが消滅してしまうことはありません。また、エコノミーの上級クラスであるプレミアムエコノミーは1.5倍のマイルが貯まるので、東京〜ロンドンを1往復すれば、提携パートナーであるANAの国内線チケットが獲得できます。また、エコノミークラスの格安航空券でも100%、アッパークラスは200%の加算率ですので、貯まりやすく使いやすいマイレージシステムになっているのではないかと思います。

2008年3月末まで、「ウインターボーナスマイルキャンペーン」を展開中です。ヴァージンが「UK-Japan 2008」*のオフィシャルエアラインになったことを記念して、キャンペーン期間中にアッパークラスとプレミアムエコノミーをご利用された「フライングクラブ」会員のお客様を対象に、ボーナスマイルが加算されます。エコノミークラスはオンライン予約限定でキャンペーンを実施しています。(*芸術・科学技術・クリエイティブ産業の分野で創造性あふれる英国を紹介するとともに日英間のコラボレーションの活性化と両国のさらなる発展をめざすイベント)


異業種とのコラボで若い世代にヴァージンの認知度を高めたい

アッパークラス ウイングを利用すればラウンジまで10分で到着 アッパークラス ウイングを利用すればラウンジまで10分で到着


2007年には、プレミアム・カジュアル・ブランドのDIESELとコラボレーションキャンペーン「DIESEL TRAVEL BY VIRGIN ATLANTIC AIRWAYS」を実施したり、新潟県苗場スキー場で開催された「フジロックフェスティバル '07」にオフィシャルスポンサーとして参加しました。その他にも、イギリス関連のイベントに参加したり、他業種とのコラボレーションを積極的に行っています。ヴァージン アトランティック航空というブランドを、これからの若い世代をはじめ、より多くの方々に知っていただくのが最大の目的です。異業種と組むことで弊社の企業メッセージを知っていただき、共感してくださった方が将来イギリスに行かれる際、弊社を利用していただけたらと期待しております。

2008年は環境をテーマに、CO2の排出を削減するバイオ燃料を使用した航空機での飛行テストをボーイング社と共同で行います。イギリスは環境問題に関心が高い国。ヴァージン・グループの創始者であるサー・リチャード・ブランソンも環境問題に強い関心を持っており、バイオ燃料を研究する会社を設立、次世代のクリーンエネルギー開発を行っています。


ヴァージン アトランティック航空の利用者コメントはこちら

▲「2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング(ベスト3_ヴァージン アトランティック航空)」のトップへ




世界初のオール2階建て旅客機A380[取材体験記]

今までにないファーストクラス エコノミーも改善があった!...
⇒続きを読む


「地球の歩き方」シリーズの最新発行タイトル&スケジュール
地球の歩き方地球の歩き方ガイドブック/編集部


spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer