地球の歩き方ガイドブックトップ > エアライン・ランキング > 2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング > 部門別_接客

  2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング
エアライン選びの基準は?
8部門別ランキング(接客態度・サービス)

部門別ランキング4位
接客態度・サービス
[乗務員の接客態度・サービス]

2008年
2007年

▲「2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング(部門別_接客)」のトップへ

プロはこう見る! 航空ジャーナリスト 緒方氏のひとことコメント

ベスト10圏内は、ヴァージン アトランティック航空を除くとアジア系一色。世界的に見てもアジアンホスピタリティは高い支持を集めている。ヴァージンは英国のエアラインだが、日本線の乗務員は日本人が多い。親日的な台湾のエバー航空、日系のANAマレーシア航空もサービスに定評がある。この項目は、エミレーツ航空が他部門に比べあまり評価が高くなく、まさにアジア系の独擅場といえる。

▲「2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング(部門別_接客)」のトップへ

アジア系エアラインの評価が高くベスト3に顔を揃える

この調査の開始以来、6年連続トップの座を守ってきたシンガポール航空だったが、昨年初めて2位に転落。しかし、今年は見事復活し、1位に返り咲いた。今回の調査でも、「文句なしのサービスでした」、「機内サービスも最高」といった声が数多くあり、同社のサービスは定評のあるところ。

2位は、韓国のエアラインであるアシアナ航空が昨年の6位から着実にランクアップした。「さりげなく自然で気配りのあるサービスが良い」といったコメントが届いている。2007年には「スカイトラックス」のランキングでも、世界で数少ない「5つ星航空会社」に認定されている。

3位は、前回4位のタイ国際航空。こちらも、専門誌やビジネス誌などによるランキングでは上位の常連メンバー。“微笑みの国”らしいサービスが好評で、客室乗務員はワイ(タイ伝統の合掌する挨拶)で乗客を迎える。

シンガポール航空のサービスは定評があるシンガポール航空のサービスは定評があるエバー航空は親日的な台湾らしい温かいサービスエバー航空は親日的な台湾らしい温かいサービス


4位以下も、ANAエバー航空マレーシア航空大韓航空など、アジア勢が独占。前述した「スカイトラックス」や「ザガット」など、海外調査ランキングにおいてもアジア系エアラインの順位は高く、アジアンホスピタリティあふれるサービスが世界的に人気を得ている。

接客態度・サービスについてのコメントはこちら

▲「2008年版地球の歩き方エアライン・ランキング(部門別_接客)」のトップへ




世界初のオール2階建て旅客機A380[取材体験記]

今までにないファーストクラス エコノミーも改善があった!...
⇒続きを読む


「地球の歩き方」シリーズの最新発行タイトル&スケジュール
地球の歩き方地球の歩き方ガイドブック/編集部


spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright(c)2012 Globe-Trotter T & E Inc. (c)2012 Diamond-BigCo., Ltd.
Design All rights reserved.
spacer